昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/20

『ウチカレ』で急上昇、あざとい38歳

――その基準で選んだ1人目のネクストブレイク俳優が「川上洋平さん」なんですね。「Alexandros」のボーカルで、SUBARUのCMソングも歌っています。川上さんについては、以前《拝み倒して、押し倒して》佐藤健、中村倫也、キムタク、川上洋平…ナイーブな男を描き続ける“神様”北川悦吏子の「俳優起用術」でもご紹介いただいています。

「文春オンラインTV」より

田幸 音楽に詳しい方は昔からご存じだったと思うんですけど、恥ずかしながら川上洋平さん個人に注目したことがこれまであまりなくて。なんで注目したかというと、北川悦吏子さん脚本のドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)への出演が報じられた途端に、すごくネットが沸いたんですね。SNSのトレンドワードのトップのほうにずっと《ようぺ》という文字がランクインしていて。最初は「ようぺって何?」って……。ごめんなさい、ファンの皆さんには申し訳ないんですけど。それで検索したら、「あのグループのボーカルの方ね」「ああ、38歳なのね」「確かにかっこいいよね」と思ったんですけど、面白かったのが「あざとい」と形容しているファンの方が多くて。

 気になってInstagramを調べてみたら、38歳と思えないぐらいに明るい色のニットを着て、萌え袖のかわいいゆるっとした着こなしをしていたり、とても背の高い方なのにしゃがんで上目遣いで写真を撮ったり、すごくあざとい。自分の魅力をよく分かっていらっしゃるなと驚きました。「こんなかわいい38歳居るの?」って。ちょっと2次元的な雰囲気もありますしね。

――確かに。

田幸 塩顔イケメンですよね。「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」では、菅野美穂さん演じる恋愛小説家の担当編集者役で出演しています。北川悦吏子さんのドラマって、ヒロインは賛否分かれることが多いのですが、男性キャラを好きだという方が本当に多くて。川上洋平さんは涼し気な切れ長の目が印象的で、「愛していると言ってくれ」(TBS系)の豊川悦司さんとか、「半分、青い。」(NHK)の中村倫也さんと同じ系譜にある。これは間違いないなと。

 北川さんは役者の人柄に合わせてキャラクター造形をする“あて書き”が得意な方なので、川上さんのあざとかわいさや魅力が、脚本に反映されていくんだと思います。この作品を演じる中で、どんどん輝いていくんじゃないかなと期待しています。でも演技に不慣れで、声が小さいところもまた愛らしくて素敵なのですが……。