昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

BLと言わなかったのは“BL隠し”ではなく…都合よく“普遍的な愛”にさせない『ポルノグラファー』の秀逸さ

2021/02/18

source : 提携メディア

genre : ライフ

「ポルノグラファー」は BLに向き合った恋愛ドラマの傑作!

 動画配信サービスFOD史上最速で100万回再生を突破したBLドラマ「ポルノグラファー」をご存知でしょうか。FODの先行配信後すぐに関東ローカルの深夜帯で地上波放送も開始。現在、2度目の再放送およびTver配信で再びの盛り上がりを見せ、放送後はTwitterのトレンド入りをするほどの人気です。

「ポルノグラファー」は丸木戸マキの同名BL漫画を実写化した作品

©丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン

「ポルノグラファー」はポルノ小説作家の木島(竹財輝之助)に怪我を負わせてしまった大学生の久住(猪塚健太)が口述筆記で仕事を手伝ううちに、木島の魅力に引き込まれていくさまを描いた物語。

 その後、キャスト続投で木島と編集者の城戸(吉田宗洋)の過去を描いたドラマシリーズ「ポルノグラファー ~インディゴの気分~」(こちらも傑作!)も配信されました。

 さらに2月26日には最終章となる映画『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』の公開が控えています。

ラブコメとは違う官能的な世界観、「きゅん」でなく「ドキッ」

©丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン

 日本のBLドラマの代表作である「おっさんずラブ」(18年・テレ朝系)も、チェリまほの略称で知られる「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(20年・テレ東系)もラブコメとしてカジュアルに楽しめる作品でした。

 ここからも日本の実写BLドラマは、ラブコメタッチでファンタジーとして楽しめる仕様にしたことがヒットの要因のひとつになっていると思います。タイのBL作品「2gether」もそうでしたが、BLドラマとラブコメとの相性はなかなかいいように思います。

「主人公たちが出会い、好きになり、問題が起こり、最後は結ばれる」という見慣れたラブコメの定石は安心感があり、幅広い層にリーチしやすいんですよね。それに現実とは違う基軸が入ってくるぶん、ダイナミックなストーリーが作れるという利点があります。

 しかし! 「ポルノグラファー」はラブコメにあらず! もともと配信での制作だったこともあり、多くの層に認められるということを意識しなくてよかったのでしょう。