昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「彼の本名は今村怜央(34)で、7人組のバンド「ALI」のメインボーカル・LEOとして活動しています。2020年11月25日にはメジャーデビューを果たしました。

 ALIはいま人気急上昇中のグループですよ。デビュー曲『LOST IN PARADISE feat. AKLO』は、第2の『鬼滅の刃』とも言われている大人気アニメ『呪術廻戦』のエンディングテーマに採用されています。若い世代を取り込むには人気アニメとタイアップするのが現代の“定石”です。その点でLEOのメジャーデビューは抜群の滑り出しになった。

「ALI」のメインボーカル・LEOこと今村怜央(本人のインスタグラムより)

 結婚発表では萩花ばかりがフィーチャーされていましたが、今後はLEOの動向にも注目が集まるでしょうね」(レコード会社関係者)

LEOの知人が明かす「恋のきっかけ」

 この2人はどのようにして出会ったのだろうか。LEOをよく知る人物は「仕事がきっかけだったようですよ」と明かす。

「LEOは周囲に『共演がきっかけで仲良くなった』と話しています。2019年5月に公開されたシングル『STAYING IN THE GROOVE』のPVに萩花さんが出演しているので、それがきっかけになったんじゃないかな。LEOは2019年秋頃から時折、インスタグラムに萩花さんとのツーショットを投稿していましたよ。ファンからは『2人は付き合っているの?』なんてコメントが寄せられていたこともありました」

藤井萩花とLEO(LEOのインスタグラムより)

「LEOはすごい“人たらし”」

 仕事で出会い、恋に落ちた2人。この人物は「LEOはすごい“人たらし”ですからね。萩花さんが好きになるのも無理ないですよ」とも語っている。

「LEOがMVで見せる顔はクールだし歌声もセクシーだから“オラオラ系”だと思われているところもありますが、実際に会うとめちゃくちゃ可愛い“愛されキャラ”(笑)。ちょっと天然というか……なんか憎めないんです。あいつの周りで、悪く言う人はほとんどいないんじゃないですかね」

 しかしLEOの結婚に「そういうところが心配なんですよね……」と語る女性がいる。元交際相手のA子さんだ。2012年の夏の終わりから3カ月ほど交際していたという。

「出会いは渋谷のバーの周年イベントです。人当たりが良くて話しやすいし、顔もかっこいいからすぐに打ち解けました。『彼女いるの?』と聞くと『いないよ! デートしようよ!』と誘われ、2人で飲みに出かけました。そこからは定期的に会うようになったんです」