昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

テレビにはまだ夢はあるのか? フジテレビ『567↑8』で行われた“レジェンドディレクター”片岡飛鳥の「血の伝承」

「ついにフジテレビ、“あたおか”になったね」

 江頭2:50は自身のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」(21年3月28日配信)でそのように語った。

『567↑8』 TVerより

 なんとフジテレビが「エガちゃんねる」とのコラボ企画を申し込んできたというのだ。放送時間は2時間半。江頭にとっては3年ぶりのフジテレビ出演。しかもメインキャストとしての出演だ。さらにはナレーションには、江頭のファンということで、山田孝之が立候補して務めてくれることになった。

 そしてもっとも注目すべきは、演出(クレジット上では企画構成)を務めるのが『めちゃ×2イケてるッ!』の総監督・片岡飛鳥だということだ。『めちゃイケ』終了後は、我が家のYouTube番組「我が家・杉山の悪口を1000個いただくまで帰れない酒場」を作ったことはあったが、テレビでは鳴りを潜めていた片岡。彼にとっても実に3年ぶりにテレビ番組を手掛けることになったのだ。

「休んでいる間、ずっと牙を研いでいたってことがわかった」

 片岡飛鳥は、筆者が行った「文春オンライン」でのインタビュー連載で、『めちゃイケ』を「汗や涙どころじゃなくて、なんかもう、血の味が混じっているような」番組だと形容し、その番組が終わって1年の時点では「前線から外れたのに『俺がまた!』っていうのも違う、とは思っていて……なぜならフジテレビも変わろうとしている大事なタイミングですから、今の自分はでしゃばるべきじゃない」と心境を吐露していた(以下、片岡飛鳥の発言は当該連載のもの)。その一方で今後やりたいこととして「フジテレビの“新たなブランド”を作って、“新たなファン”を獲得できるディレクターを育てること。育てるというか自分の教わってきたことは伝えておく」ことだと語っている。

片岡飛鳥氏 ©️文藝春秋

 その第一歩が『567↑8』(フジテレビ)と名付けられたこの番組なのだろう。

『めちゃイケ』が終わって「どんな感じだろう」と疑っていた部分もあったという江頭は3年ぶりに対面した片岡について以下のようにその印象を語っている。

「緻密だったねえ、職人だったねえ。イカれてたでしょ? 休んでいる間、ずっと牙を研いでいたってことがわかった。俺にも、ものすごく厳しかったねぇ」(「エガちゃんねる」=前出)

 3月29日深夜、『567↑8』は始まった。