昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

漫才師ミキ「なんでMCやりたいんかな。楽しいんかな?って…」 兄弟2人はなぜ“同じ世代のスベってる人たち”を観るのか

『MIKI OFFICIAL BOOK ミキ、兄弟、東京』より#3

2021/04/29

 2019年春、さらにステップアップするため、大阪から東京へ拠点を移した漫才師のミキの2人。亜生さん・昴生さんの東京での2年間を、撮り下ろし写真とインタビューで振り返る書籍が『MIKI OFFICIAL BOOK ミキ、兄弟、東京』(ヨシモトブックス)だ。同書より、上京して半年ほど経過した頃の2人へのインタビューを転載して紹介する。(全3回の3回目。1回目2回目を読む)

◆ ◆ ◆

MCの欲はない、自分たちのペースでやれるのがいちばん

――『ミキ漫2019全国ツアー』も折り返しを迎えました。

亜生 そうか! 早いなぁ。

昴生 今年は1日が早い、ほんまに。昨年は全国ツアーが初めてやったんで試行錯誤やったというか。毎回、新ネタをばんばんおろしてたんです。例えば、ネタ6本のうち、新ネタは4本、前からやってたネタが2本という感じでやってたんですけど、今年は比率を逆にして、新ネタ1~2本、前からやってたネタ4~5本でやってます。前のネタはちょっと詰めながらやってるので、今年は落ち着いてやれてます。やっぱり全国ツアーは楽しいですしね。

亜生 楽しい。むっちゃいい!

昴生 全国ツアーを軸にやっていきたいくらい、ほんまに楽しい。人気って一時的なものというか。いろんな番組に出させてもらえるのも、ほんまに今だけ。今は忙しくさせてもらってるけど、きっと4年……2~3年後に(スケジュールは)空いてくるやろうから、そうしたら1年で47都道府県を回りたいなと思ってます。会場は縮小していってもいいし。

「全国ツアーを軸にやっていきたいくらい、ほんまに楽しい」と語る昴生さん ©『ミキ、兄弟、東京』-ヨシモトブックス刊

――ミキさんって欲深くないですよね。漫才を永久的にし続けるとしても、一般的にはこのままテレビに出て行って、MCして……みたいな展望を抱きがちかなと思いますけど。

昴生 そう、欲がない!(芸人仲間と)飲みに行ったとき、MCしてこんな番組やりたいって話してるのを聞いて、ついていかれへんかった。そういう欲がないから。

亜生 お兄ちゃん、ほかの人が「今、MCやってんねんけど」みたいな話してるとき、僕に「なんでMCやりたいんかな。楽しいんかな?」って小声で言うてたもんなぁ(笑)。