昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/25

genre : エンタメ, 芸能

マヂラブ、アルピー、ギース…直系後輩に嫉妬

――モダンタイムスさん主催のライブ「としかわトーク」には、マヂカルラブリーさんやアルコ&ピースさんだけでなく、ゴー☆ジャスさん(42)、THE GEESEさん、夙川アトムさん(41)、マツモトクラブさん(44)などが出演していました。ほとんどプロデューサーですよね。

マツモトクラブ(SMAホームページより)

川崎 としさんはネタとかも的確にダメだしするんですよ、先輩・後輩を問わず。それが全部いい方向にいって、賞レースの決勝に行ったりとか。

としみつ 僕自身はそこに損得勘定を持っていないんですよね。

――周りの芸人さんが売れていくのを見て、ジェラシーを感じたりすることはないですか?

としみつ 僕はあんまり嫉妬とかないですね。「オレがアドバイスしたから売れたんだぞ」なんてまったく思わない。むしろ、「やっぱりオレの見方が合ってたんだ」って自信になった。

――川崎さんも?

川崎 いや、まぁ……ムカつきますね(笑)。若い頃にちょっと忘れられない出来事があって。ネタ番組の全盛期に『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)が放送されてたじゃないですか。そこにマヂカルラブリー、アルコ&ピース、夙川アトム、ゴー☆ジャスが出演して、楽屋も一緒だったらしいんですよ。

 その時に「あれ? モダンだけいねぇな」って話してたと聞いた時は本気で悔しくて。「クッソ! 絶対こいつら超えてやる」って思ってました。でも40歳を越えた今はもうそんなことなくて(笑)。マヂカルラブリーが優勝した時は素直に拍手して喜びました。

モダンタイムスの、としみつ(左)と川崎 ©️文藝春秋

としみつ M-1で優勝して「あ、拾ってもらえるかも」って思いましたもんね(笑)。実際、今年に入ってこういうインタビューの仕事があるのも、マヂカルラブリー、アルコ&ピースのお陰ですよ(笑)。(#2に続く)

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(22枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー