昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

7位「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系・1991~1997)

 裏番組の「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)を終了に追い込んだとされる、ダウンタウンの初期の冠番組です。今田耕司や東野幸治、板尾創路ら芸人とともに、YOU、篠原涼子ら女性陣もこの番組で知名度を上げました。「結婚前提戦士ラブラブファイヤー」「改造人間カスタムひかる」など数々の名作コントが生まれ、「エキセントリック少年ボウイ」「オジャパメン」など歌の企画も話題でした。

7位「ダウンタウンのごっつええ感じ」 ©文藝春秋

「お笑いが変わるきっかけになった番組だと思う」(50・女性)

「天才松本人志の神髄を見られた」(25・男性)

「小学校3年の息子がYouTubeでダウンタウンのごっつええ感じの中のコント『みかん戦争』を見て爆笑しているのを見たとき、これが1位と感じました。一番バラエティ番組が面白かった時代の、一番面白い番組」(44・男性)

「動画サイトやDVDで見ましたが、今だとできないような攻めたコントばかりでめちゃくちゃ面白かったです」(22・男性)

「哀愁のあるコントをたくさんやっていたので。とかげのおじさんとか好きだった」(60・女性)

「ひょうきん族を超えコントバラエティの頂点だと個人的に思う」(49・男性)

「日曜日の夜がとにかく楽しみで仕方なかった。コントもそうだし、企画もの(コーナー)もそうだし」(44・男性)

z