昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/30

【やさしい系】「三養ラーメン」/「牛肉わかめスープラーメン」/「カムジャ麺」/「ごまラーメン」

【やさしい系】「三養ラーメン」/三養

 
今年春から日本でも販売開始したばかり
半世紀以上、国民に愛されるロングセラー商品

 韓国で初めて作られたインスタント袋麺。やさしい甘さのある醤油味がベースになっているため日本人好みですが、ほんのり辛さも加わるので韓流っぽさも充分。世代を超えて愛されてきたマイルドな味わいです。

【やさしい系】「牛肉わかめスープラーメン」/オットギ

 
意外と珍しい組み合わせでスープに癒される

 わかめスープとラーメンを組み合わせた商品で、スープは緑~黒というような絶妙な色。あっさりしつつも牛骨の出汁が効いており奥行きのある味に仕上がっています。地味ではありますが、個性が光る味です。

【やさしい系】「カムジャ麺」/農心

 
「カムジャ」は韓国語でじゃがいもの意味

 麺にじゃがいも粉末を50%以上配合しているというだけあり、麺の“ちゅるちゅる感”が頭一つ抜けている印象。スープは日本でいう白だしのようなまろやかさがあり、そのうえ辛さのアクセントも。かやくにキャベツが入っているのも珍しい。

【やさしい系】「ごまラーメン」/オットギ

 
いい意味でごまの風味が控えめのラーメン

「ごまラーメン」はその名の通り、辛さのあるスープのなかで炒りごまがふんわりと香る一杯。赤い見た目の割にはさほど辛くなく、ごまの主張もそれほど強くないので、入れる具材によって幅広いアレンジができそう。

◆◆◆

  ちなみに、20品試食したなかの個人的な1位は「ジンチャンポン」です。食べ応え、シーフード感、麺の食感など、どの要素を取っても力強さがあり、オリジナリティも満点でした。

 どれも日本のインスタント袋麺では出会ったことのない個性的な味の韓国ラーメン。巣ごもり生活で日本のインスタント袋麺に飽きてしまったという方は、ぜひ韓国インスタント袋麺の世界に足を踏み入れ、お気に入りの一杯を探してみてください。

(文=福永全体〈A4studio〉)

この記事の写真(46枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z