昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あなたの年齢で勤められるのは介護職くらいでしょうね」 年下の入居者を介護する国立大卒男性(70)の“胸の内”

『非正規介護職員ヨボヨボ日記――当年60歳、排泄も入浴もお世話させていただきます』より #1

2021/06/23

 高齢化に伴う介護需要の増加、少子化による労働人口の減少を背景に、介護業界は慢性的な人手不足に悩まされている。

非正規介護職員ヨボヨボ日記――当年60歳、排泄も入浴もお世話させていただきます』(三五館シンシャ)を執筆した真山剛氏は、そんな業界に56歳にして飛び込み、さまざまな経験を重ねてきたという。ここでは同書の一部を抜粋し、職業訓練校で出会った男性の印象的なエピソードについて紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

介護ヘルパー養成スクールで出会った70歳の深沢さん

 さまざまな職を経験し、たどり着いた仕事、それが介護ヘルパーだった。その資格取得のため、失業保険を受給しながら56歳のとき半年間、介護職員養成(介護職員初任者研修)スクール(*1)に通った。

*1 知識、技能、技術を習得するものであったが、実技にほとんどの時間が割かれた。受講者が負担する費用はテキスト代の5500円だけで研修期間は約半年。先生方も介護施設の現場を経験した人たちで、授業内容も現場の実情を踏まえた実践的なものだった。

 スクールは鹿児島市内の駅近くにあり、失業者向けの職業訓練校の一つで、民間が運営している。ここで、訪問介護や施設介護における自立支援に関するサービスについて学ぶのだ。

 ハローワークの相談員から、「このご時世、あなたの年齢で勤められるのは介護職くらいでしょうね」ときっぱり言われていた。

 資格取得のため、相談員から紹介されたスクールに申し込み、入所が認められ初日スクールに出向くと、指示された教室にかなり高齢の体格の良い男性と50代と20歳くらいの女性が座っていた。

 高齢の男性は学校関係者と思ったのだが彼も研修生だった。

 私を含めて4名。たったの4名。結局この3人と半年間、机を並べることになる。

 もう一人の男性、深沢さんは自己紹介で「現在70歳で、元は清掃員をしていました」と挨拶した。

 あとで知ったのだが、彼は国立大学を出て、地元でも有名な企業で働いていた時期もあったらしい。卒業をあと1カ月に控えたころ、就職活動の一環として履歴書を書く授業(*2)があり、そのとき彼の経歴欄を盗み見て初めて知ったことだった。

*2 失業中、書類選考がある企業へ何度か履歴書を送ったが、すべて落とされた。その後スクールの授業を受けてその理由がわかった。私はいちいち手書きするのが面倒で、複写や、パソコンで入力した履歴書を送っていた。講師に打ち明けると「そんなことではごまかしの利かない高齢者の世話なんて到底無理よ」と指摘された。