昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/25

中国、アメリカ、ドイツ…海外でも支持されているTENGA

――海外では、日本との商品の売れ方の違いはありますか?

松本 元々、アメリカではマスターベーションは「モテない男がするもの」といったイメージがありました。でも、さまざまな活動をしていく中で、今ではだいぶその状況は変わりました。

 売上として大きいのは、中国、アメリカ、ヨーロッパですね。中国、アメリカ、ドイツのほか、韓国、ブラジルにも法人があります。韓国、台湾も伸びていますね。最初は、2007年のタイ輸出から海外戦略を始めました。当時、タイはHIV感染が増えている時期だったので、「少しでも役に立てないか」と輸出を始めたんです。

――海外でも支持された理由はどう考えていますか?

松本 2016年に代理店方式の販売を現地法人に変えたんです。やっぱり自分たちで想いを伝えなければ、本当の意味での普及ではないと思った。直接想いを伝えると、売れ方も全然違うんですよ。

©️文藝春秋

◆◆◆

 松本社長の話を聞いていると、さしたる苦労もなくビッグチャンスをつかんだように見える。だが、「世紀の発明」に至るまでには、自身への給与の未払いや借金など苦悩の連続も経験した。それでも「モノづくり」にこだわった松本社長の原点はどこにあったのか。(後編へ続く)

撮影=文藝春秋/松本輝一

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(44枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z