昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「トイレも風呂も消え、道路や広場は糞便で汚れ放題…」衛生観念が無視された街で広がったハイヒール、スカート、香水の意外な“共通点”

『絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている』より#1

2021/07/23

 火の発見とエネルギー革命、歴史を変えたビール・ワイン・蒸留酒、ドラッグの魔力、化学兵器と核兵器…。歴史を見ると化学がいかに我々の生活を大きく動かしてきたのかがよくわかる。

 苦手意識を持つ方が多いであろう化学も、歴史とともに紐解いていけば、実はそんなに難しく感じないのかもしれない。そんな化学を知る上での手助けをしてくれるのが東大講師・左巻健男氏による『絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている』(ダイヤモンド社)である。同書から一部抜粋し、上下水道が作られた経緯を紹介する。(全2回の1回目/#2を読む)

◆◆◆

ハイヒール・スカート・香水

 ローマの滅亡とともに、上水道は大部分が破壊され、上水道も下水道も中世末期までの長いあいだ暗黒の状態を続けた。トイレも姿を消した。当時のキリスト教の教えでは、いかなる肉欲もできる限り制すべきと、肉体をさらす入浴は罪深いとなり、公衆浴場、自家風呂は消え失せた。衛生観念が無視されたのである。

©iStock.com

 そうなると街はどうなってしまうのか。

 道路や広場は糞便で汚れ放題。ほんの間に合わせで片付けるだけとなったので地下にしみ込み、井戸を病原菌で汚染する結果になった。

 貴婦人たちの裾が広がったスカートは、どこでも用を足せるようにするための形である。17世紀はじめにつくられたハイヒールは、汚物のぬかるみでドレスの裾を汚さないために、考案されたもので、当時はかかとだけでなく爪先も高くなっていた。なかには全体が60センチメートルの高さのハイヒールまであったという……。

 また、2階や3階の窓から、しびん(寝室用便器)の中身が道路に捨てられるので、その汚物をよけるためにマントも必要になった。この頭上から降る危険のため、紳士は淑女が道の真ん中を歩くようにエスコートする習慣ができたと考えられる。

 当時は服もあまり洗濯しなかったし、お風呂やシャワーもまったく利用しなかったため、体臭などをごまかすために、金持ちは香水を大量にふりかけていた。香水の発達の背景にはこんな事情があったのだ。

“エチケット”の語源?

 当時、便意を催せば、時、ところかまわず、排せつ行為が公然と行われた。17世紀フランス芸術を代表するベルサイユ宮殿。その初期建設工事にはトイレ用にも浴室用にも水道の設備がなかった。

 宮殿のなかで、ルイ14世や有名な王妃マリー・アントワネットなどが使用していたトイレは腰かけ式便器だ。おしりの部分に穴が空いている椅子型の便器で、汚物は下の受け皿にたまるようになっていた。王様用は、ビロード張りで金銀の刺繍付きの豪華なものだった。