昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「イベントを通じて言い寄られ、彼と関係をもった方が複数いた」

 のぶみ氏と別れたA子さんの元には、なぜかのぶみ氏に関係する女性たちから相談のメッセージが送られてきたという。A子さんは肩を落とす。

「私と同じようにイベントを通じて言い寄られ、彼と関係をもった方が複数おり、相談を受けました。既婚者の方もいらっしゃいましたし、妻の浮気を疑い相談してくるご主人もいました。私が今回告発したのは、もうこれ以上、子どもや育児をダシに、都合の良い女性を探すのは止めてほしいと思ったからです」

2018年、女性たちを引き連れて歩くのぶみ氏 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

 のぶみ氏はNHKやEテレにも多数出演し、子育てをする母親や子どもたちにむけて作品を提供してきた。NHKの正籬聡放送総局長は7月21日の定例会見で「東京2020 NIPPONフェスティバル」の出場を辞退したのぶみ氏に触れ、「のぶみさんのことが一部で取りざたされているのは承知している。事実関係をしっかり調べた上で、対応を考えたい」と答えている。

 #1で詳述した取材班の直撃後、改めて書面とメールでのぶみ氏にA子さんとの不倫関係などについて質問状を送ると、21日に「ご質問の件」と題されたA4用紙3枚に渡る回答が編集部に寄せられた。

直撃に答えるのぶみ氏 Ⓒ文藝春秋 撮影・上田康太郎

「どのようにお答えしても真実は伝わりきれない」

 その回答の冒頭、のぶみ氏は「まず初めに、世間をお騒がせしておりますことに心を痛めております。私は絵本作家として活動してまいりましたが、同時に家族を抱える一父親でもあります。この度のご質問にも、どのようにお答えしても真実は伝わりきれないのではないかと悩んだ末、正直にお伝えすべきと考え、家族とも相談の上この文章を作成しています」と綴っていた。

 のぶみ氏への質問と回答の全文は#3で詳報する。(#3へつづく)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(28枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事

z