昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「風俗」を引退し「パパ活」に路線変更…生活に困ってはいないのに、カオル(23)が体を売り続ける“明快な理由”

『限界風俗嬢』より #3

2021/08/19

「戦場から風俗まで」をキャッチフレーズに国際紛争、大規模自然災害、殺人事件、風俗業界の取材を行ってきた小野一光氏は、かつて20年以上、毎週1人の割合で風俗嬢のインタビュー取材を続けていた。

 性暴力の記憶、毒親、貧困、セックスレス――。それぞれの「限界」を抱えて、身体を売る女性たちは一体何を語るのか。

 ここでは小野氏の新著『限界風俗嬢』(集英社)の一部を抜粋。以前インタビューを行った“処女SM嬢”カオルさんのその後について紹介する。(全5回の3回目/続きを読む

◆◆◆

1年以上ぶり…カオルに取材を申し込む

 あの取材から1年半が経った――。

 “期待と不安”、というか、不安のほうが大きいので、“不安と期待”の心境でカオルに取材を申し込むラインを送った。

 じつは前回の取材から4カ月後に、一度だけラインで彼女が転職したこと、さらにSMクラブを辞めるつもりだということを聞いていたが、そこから起算しても1年以上ぶりの連絡である。

©iStock.com

 時間が経過すると、過去の自分と訣別したくなった女性は、過去の自分を知る相手との繫がりを断ち切ってしまいがちだ。それはそれでしょうがないと、私は簡単に諦めることにしている。はたして彼女はどちらなのだろう。

 と、30分ほどで返信があった。

 お久しぶりです!

 ありがとうございます!

 お受けしたいと考えておりますが、どういった内容でしょうか?

 私は前回と似た内容で、その後のことが聞きたいと伝えた。謝礼も同じく1万円だ。

 了解です!大丈夫です!

 基本平日(月、金)の夜か土日なら空けられます~

 前回とまったく変わらないカオルの反応に胸を撫で下ろす。互いの都合を調整し、11日後の月曜日に某駅前で待ち合わせることにした。前の会社を辞めた彼女の、新たな就職先に近い駅だという。そういうことを躊躇なく明かすところも相変わらずだと思った。

転職先は中小企業の事務

「ご無沙汰してます」

 白いタートルネックセーターに白いカーディガン、細かいチェック柄のロングスカートという出で立ちで、待ち合わせ場所に立つカオルは笑顔で言った。1年半のブランクをまったく感じさせない屈託のなさだ。

 2人で並んで歩き、近くにあるカラオケボックスへと向かう。