昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/24

 通知を見られたのは、3人目の男性についてのオファーのときだったそうだ。

 と、ここまでを話したところで、カオルはいきなり、「あ、そうだ。もう一つやってました」と素っ頓狂な声を上げた。「え、なにを?」と反射的に私は問う。

パーツモデルという名の肉体を使ったバイト

「えっと、あの、AVじゃないけど、パーツモデルみたいなことをやってました」つまり、ここで取り上げるということは、その内容は、パパ活に準ずる肉体を使ったバイトということだろう。

「裸の?」

「裸じゃなかったんですけど、なんかそういうやつをやりたーい、と思ってやったんですよ。忘れてた。そうだ……そうだ、今年の3月だったかな。パーツモデルってことで行ったんです、××(地名)に。めっちゃシモ系のAVを撮ってる会社で、オシッコをするところを撮らしてくれみたいなやつ。あと、オナラするとことか、ゲップするとことか、胸チラとか、そういうのを……」

「やった?」

「やりました。そうだ忘れてたー」

「それで結局、カオルちゃんはなにをやったの?オシッコと……?」

「ほんとはウンチをしたかったんですけど、出なくって、オシッコをめちゃやりましたね」

羞恥の色はなく、まるで昨日なにを食べたかという報告のよう

 かなりマニアックな話であるが、カオルの表情に羞恥の色はない。まるで昨日なにを食べたかという報告のようだ。

「で、オシッコとあと、胸チラというか、胸フェチ用の動画みたいなのをしました」

「どういう場所でやるの?」

「小さいスタジオがあって、そこの真っ白な部屋で、いろんなシチュエーションを指定されるんですよ。最初に偽名を名乗ってなになに、何歳でーす、こういうところで働いてまーす、みたいな。で、指示書が置いてあって、いまからタイマーで何分間とやるので、オシッコ我慢してくださいって。その前にいっぱい飲み物飲んでて、膀胱パンパンなんですね。で、そこでの指示に従っていろいろやっていくんです。オシッコを我慢してる姿をいろいろ撮る動画、みたいな。けっこう最後は漏れちゃうんですけど、ンフフフ」

「それはなに?脱ぐのはどこまで脱いでるのかなあ?」

「あ、全然、脱がないですねえ。パンツも穿いたままです。パンツ越しにオシッコが出ちゃう」

「顔は出るの?」

z