昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「我慢してる姿をいろいろ撮る」「オシッコだと1回6000円」…体を売り続ける女性が語る“パーツモデル”バイトの“暗部”

『限界風俗嬢』より #5

2021/08/24

「戦場から風俗まで」をキャッチフレーズに国際紛争、大規模自然災害、殺人事件、風俗業界の取材を行ってきた小野一光氏は、かつて20年以上、毎週1人の割合で風俗嬢のインタビュー取材を続けていた。

 性暴力の記憶、毒親、貧困、セックスレス――。それぞれの「限界」を抱えて、身体を売る女性たちは一体何を語るのか。

 ここでは小野氏の新著『限界風俗嬢』(集英社)の一部を抜粋。処女でSM風俗嬢デビュー、その後パパ活を一時的に経験、その間も同性の彼女シホさんと交際を続けていた女性・カオルさんのエピソードを紹介する。(全5回の5回目/最初から読む

◆◆◆

私にはシホさんがいるから

「セックスで気持ちよくなれる男性とは、今後出会えるのかねえ?」

「無理でしょうね。でも、私にはシホさんがいるから」私は相槌を打った。すると彼女は唐突に切り出した。

「パパ活を止めようと思ったのは、昨日の帰り。もうヘトヘトになって乗った電車のなかで、バッグのなかにあるもらったおカネを見て、私、なにしてるんだろうって。そんな気持ちになって。もうダメだあ、耐えらんなーいって思って。止めようって思ったんで……。だから、しばらくはやんないと思いますけど」

「ほとぼりが……」

「ブフォッ……」

 カオルは噴き出す。そして……。

「んーっ、でもやっぱりまあ、オチンチンがあ、かわいいなあーって思うんで、たまに触りたいなあ、ヌフフフ……って思うときがあるんで、だからやりたくなるときもあるかもしんないっすね」

「そうだよねえ~」と追従した直後に、ふと思いついたことを尋ねる。

©iStock.com

食事だけで1万円もらえるから、いいじゃん

「あのさあ、パパ活についてはシホさんに話してるの?」するとカオルは、参ったなあという顔で笑った。

「ウフフ、いや、最初は隠してたんですよね。まあでも、バレちゃってぇ。ラインの通知をたまたま見られちゃってぇ、(交際クラブの)オファーが入りました、みたいの。いやもう、ほんとに運が悪くてぇ、たまたま来たオファーを、たまたま私のスマホのアラーム(通知音)が鳴ってるのを、たまたま見ちゃってぇ、もーう、超運悪かったです」

「どうなったの?」

「いや、『なんか最近、新しいこと始めた?』って聞かれて、『じつは……』、みたいな。イヤハハハハ。でもさすがに大人の関係をしてるとは言えなかったんで、『お食事だけだよ~』って。『食事だけでぇ、1万円もらえるから、いいじゃん』ってぇ……」