昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/24

「顔は出ますね。すんごいもぉ、ありえないメークをして、髪も全然変えてですけど。会社の人が言ってたのは、300本くらいしか出ない、マニア向けのやつだって」

単価の安さに衝撃…

「本来は、ウンチまでする予定だったんだよね?」

「ウンチするとめっちゃもらえるんですよ、おカネを」

「いくらだったの?」

「オシッコだと1回6000円だとか……」

「安っ!」

「エヘヘヘヘヘ……」

「ウンチだと?」

「ウンチだと倍の1万2000円とか。オナラは一回3000円ですね」

 カオルの口にする単価があまりに安すぎて、デフレもここまできたのかと、正直驚いた。同時に、彼女も氷山の一角だろうから、その金額でそこまでやってしまう女の子が、世の中にはある程度いるということに慄いた。

顔をさらけ出したうえで…

「であと、もう一つ変なシチュエーションで撮ったのがあって、スーツみたいなのを着て、職場みたいなセットのなかで、この世界ではみんなマイボトルを持っていて、人前でそれにオシッコをするのが当たり前だ、みたいになってるんですよ。そこで私が同僚役の女の人と『だよねー』とかふつうに立ち話をしながら、オシッコをする、みたいな」

「つまりそのときは、オシッコを我慢するのと、あと立ち話をしてオシッコをするという二本を撮ったんだ」

「あとなんか、それ以外に下着の買い取りとかしてて、写真付きだと1着2、3000円くらいで買ってくれるんですけど、それもやって……」

「その仕事はどうやって探したの?」

「それもなにか女の子向けの求人サイトで、パーツモデル募集みたいなのが、けっこうあるんですよね。で、最初に募集してたところと、ライン面接みたいなのを進めていったら、風俗だったら紹介できますって言われて、いや、それは嫌だよみたいな感じで止めて。もう一つのほうが、要するに行ったところなんですけど、ホームページとかちゃんとしてて……行ってみようかなって」

「1日仕事だと思うんだけど、結局いくらもらったの?」

「たしか2、3万円でしたね」

「顔出しで安くない?」

「そうですね。フフフッ」

ここでもカオルは笑う。

z