昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

2021/08/28

今でも姉・ゴマキに相談すること

ーー頻繁に更新されていて、きっちりされているんだなと思いました。

後藤 今の僕は若い頃と違って、結構地道派です(笑)。InstagramやTwitter、YouTubeでのコメントも、全部ひとつひとつ返すようにしてるんですよ。

 

 客観的に見て、自分の印象って世間的にはまだまだ悪いと思うんですけど、そういったことを地道にやっていると、最近「印象が変わりました」「しっかりされているんですね」といったコメントをいただけるようになってきました。

ーー今後も“ゴマキの弟”と呼ばれることがあるかと思いますが、家族の中でも真希さんはどういう存在になるのでしょう。

後藤 やっぱり、ものすごく優しくて頼りがいのある姉ちゃんというところで変わらないですよね。1人の人として見ても、努力家で尊敬していますし。

 実際、いまも相談することが多いんですよ。YouTube、Instagram、TikTokのやり方とか、自分の見せ方とかについてアドバイスをもらっています。「こういうことを発信したいんだけど、大丈夫かな」「ちょっとやめたほうがいいんじゃない?」みたいな感じで。

ーー改めて、祐樹さんにとって、家族ってどういうものですか?

後藤 生まれた時からずっと一緒にいる存在で、かけがえのない大切な存在なのは間違いないです。自分が変われたのも、やっぱり家族のおかげだったと思います。非行に走って落ちぶれたけど、家族の誰もが僕を見捨てなかったし、あれこれと手を差し伸べてくれたし。そこは一番大きいですよね。

 

写真=三宅史郎/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(31枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z