昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/04

「今はとりあえず畠中と一緒にテレビに出ていきたい」(伊藤)

――地方局で冠番組を持って自由に、という流れは確かにありますね。ロケに行かれることもあるんですか?

伊藤 ロケは結構苦手かもしれないですね、どうしたらいいかわかんなくなっちゃうんで(笑)。畠中もボケまくるタイプじゃないので、「ボケないのかな?」ってスタッフさんそわそわさせたり。畠中は思想でやってる人間だから。

――「思想でやってる」。

畠中 そんなに大げさなことじゃないんですけどね(笑)。ただ何をやるにしても、人の「こうしてほしい」という要求に合わせるより、自分がやりたいことが出来る環境を仕事にしたい気持ちは強いかもしれません。

伊藤 それはマジでそうね。

――畠中さんがフィーチャーされた『しくじり先生』面白かったですよ。

畠中 『しくじり先生』も最初はすごい嫌だったんです。

伊藤 畠中は嫌がるだろうなと思ったし、実際に「嫌だ嫌だ」って言ってたよね。

©文藝春秋 撮影・末永裕樹

畠中 でも結果としては、やってみてすごくよかったし、ありがとうございますという気持ちです。あと、やっぱり売れてる芸人の人はすごいなと思った。オードリーの若林さんほんと優しかったし。

伊藤 そうなんですよ。僕がなんで今いろいろやるかっていうと、自分たちに何が向いてるか、向いてないかがまだ全然わかってないからなんですよね。嫌いなことでも向いてるかもしれないから。

――嫌いなことの方が向いているケースもあると言いますよね。

伊藤 まぁそれで大食いやらせてもらったら、ゲボ吐くし、泣いちゃうからNGを出すようになったんですけど(笑)。でも、今はとりあえず畠中と一緒にテレビに出ていきたいんですよね。ひとりより一緒のがやりやすいし。畠中は収録で一言もしゃべらないこともあって、昔はどうかなと思ってたけど、今はそれに対してもなんも思わなくなりましたし。

――一緒に出てるだけで確かに安心感はありそうです。大食いの他に、ちょっとこれはと思っているお仕事ってあるんですか。

伊藤 種類じゃないですけど、長期ロケはやっぱり『M-1』があるんできついですね。

畠中 優勝するまではそうね。『M-1』のことをできるだけ考えていたい。

8番手でネタを披露したオズワルド。「今度、先輩とお寿司食べに行くことになった」という畠中の相談からネタが展開していく ©M-1グランプリ事務局

伊藤 かっこつけて「時間はつくるものだ」って言いましたけど、去年より明らかに足りないことは足りないんで、そのわずかな隙間を埋めちゃうとしんどくなるので、長期ロケだけはちょっと気が重いかもしれません。

――大阪の芸人さんには賞レースで顔を売ってロケ番組に出て、上京してMCにという千鳥さんのようなコースがある気がしますが、東京の芸人さんの中でそういうコース感覚ってありますか?

畠中 いろんなパターンがありすぎますからね。自分で「この人たちみたいになりたい」っていうのを見つけて追いかけていくしかないかも。

z