昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

ニューヨークが明かす「M-1は準決勝まで1円も入りません。決勝のギャラは……」

漫才師・ニューヨーク インタビュー#4

2020/04/26

 史上最高と言われる2019年のM-1。なぜあれほどの“神回”になったのか。出場した漫才師の連続インタビューでその答えに迫っていく。

 トップバッターで「最悪や!」発言をし、爪痕を残したニューヨーク。2人が初めて決勝に行って感じたという「M-1ファイナリストだけが見られる意外な光景」とは?(全4回の最終回/#1#2#3へ)

昨年のM-1で1番手だったニューヨークの嶋佐和也(左、ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)

◆◆◆

「本番中に上戸彩さんを見られたやつはいない」

――この前、初めて聞いたのですが、賞レースのときは、先輩でもあいさつしなくていいという暗黙の了解事項があるのですか。

屋敷 楽屋は一緒ですからね。出場者同士は会ったら、自然と、あいさつはしますよ。ただ、審査員の方にはあいさつはしませんね。みなさん大先輩なので、楽屋へ行って「今日はよろしくお願いします」って言った方がええんでしょうけど、そういうのは一切ありませんでした。そこは通常のバラエティ番組とは違うところですね。

――共演者ではなく、あくまで審査員という位置付けなわけですね。

屋敷 ただ、MCの上戸彩さんだけ、楽屋にあいさつに来てくれました。でも、本番中、上戸彩さんの姿を確認できたというやつは、ほとんどいませんでしたね。今田さんと審査員の方々しか目に入ってこない。だから、せめてエンディングのときくらいは上戸彩さんを見よう、って。ミルクボーイさんにおめでとうを言うより、上戸彩さんのことが気になってました。次、いつ見られるかわからないですから。

 

嶋佐 からし蓮根の伊織が言ってましたね。上戸彩さんのこと、エンディングでちゃんと見ておきましょうよ、って。

屋敷 だから僕、エンディングのときは上戸彩さんに1番近いところに陣取って、背中をずっと見てました。背中も美しかったです。今度は上戸彩さんとしゃべりたいな。審査員とか、今田さんじゃなくて(笑)。

嶋佐 それ、ありかな。

――収録が全部終ったあとは、みなさんそれぞれに飲み直したりしていたようですね。