昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

ニューヨークが振り返るM-1の歌ネタ「じつはダウンタウン浜田さんをいじるボケがあったんです」

漫才師・ニューヨーク インタビュー#3

2020/04/26

 史上最高と言われる2019年のM-1。なぜあれほどの“神回”になったのか。出場した漫才師の連続インタビューでその答えに迫っていく。

 トップバッターで歌ネタを披露したニューヨーク。「マッチングアプリが一番出会える」「PVのときの米津玄師みたい」など印象的なフレーズがあるが、じつはダウンタウンの浜ちゃんが出てくるボケのくだりを変更していたという。その理由とは?(全4回の3回目/#1#2#4へ)

昨年のM-1で1番手だったニューヨークの嶋佐和也(左、ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)

◆◆◆

なぜM-1決勝だけツッコミのセリフを変更したか?

――屋敷さんが立つ側からは、審査員が目に入るので、芸人さんの中には気にされる方もいますが。

屋敷 冷静だったんで、よく見えました。審査員の体の動きが小さかったので、あんまり笑ってないんやろなとか思いながらやってましたね。別に気にはしていませんでしたけど。

――審査員の礼二さんが屋敷さんの「イジワルなツッコミ」をもっと見たかったと言ったように、少しネタ中のセリフを変更したわけですよね。

屋敷 変えましたね。

――決勝ネタは、準決勝のときのネタと同じでしたが、準決勝のときもすでに変更していたのですか。

屋敷 いや、あのときは変えてません。決勝の数日前に過去のM-1を観ていて、変えた方がええんかなと思ったんで。

――過去、少なからず、言葉の選択が問題になったことがありました。たとえば、2018年は、ゆにばーすが「へどが出るわ!」と言って、オール巨人師匠に汚い言葉やから使わない方がいいとたしなめられました。ただ、ニューヨークの場合は、いろんな方が、なぜ変えたのかと疑問を持たれているようでした。

屋敷 まあ、結果論でしょうけど、全部。そら、最下位とったら、みんな言うでしょう。もし僕らが優勝していたら、変えたのが正解だったと言っていたと思いますよ。

歌ネタ「ラブソング」を披露。サビの終わりに嶋佐が歌う「ラッキーボーイ」というくだりも耳に残る ©M-1グランプリ事務局

――どなたかが、屋敷さんの「よだれ出して喜ぶわ」というツッコミが削られていたと話していましたが、もとはどの部分に入っていたのですか。