昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

2020/04/26

屋敷 「女子は、ラインが既読ならないとか(いう歌詞)に大喜びするから」というところですね。

――「よだれ出して喜ぶわ」の方が、確かにインパクトがあります。ただ、そのぶん、リスクもある。

嶋佐  もっとハイになれてたら、そういうセリフでも大爆笑を取れてたと思うんですけどね。

ダウンタウン浜田さんのくだりを削った理由

屋敷 でも、そういうゾーンに入るようなコンビって毎年、全10組のうち半分もいないでしょう。今大会で言えば、かまいたちさん、和牛さん、ミルクボーイさん、ぺこぱさんぐらいじゃないですか。あとは見取り図さんも、ちょっと入ってましたね。でも5組もいたということは、やっぱり神回だったんでしょうね。

 

――ちなみに、ラブソングのネタで浜ちゃん(浜田雅功)が出てくるくだりも変更したんですよね。

嶋佐 ああ、僕が米津玄師みたいな動きをするボケがあるんですけど、当初、あそこは浜田さんがボーカルをしていたH Jungle with tみたいな動きをしてたんです。でも、松本さんもいるし、寄せたと思われるのもあれかなと。

屋敷 あそこもめっちゃ迷ったな。めちゃウケるところなんですけど。浜ちゃんのボケを出すことで、減点はないにせよ、変な雰囲気になっても嫌だなと。ほんまは、自分たちがおもろいと信じていることを、そのままやればいいんですけどね。少なからず、M-1でこれはどうかなと考えちゃいましたね。

「すゑひろがりずさんを応援していた」

――トップバッターなので、暫定1位の席に座りましたが、2番手のかまいたち(660点)、3番手で敗者復活の和牛(652点)に抜かれ、あっという間に3位まで転落してしまいました。

屋敷 僕らに振られたら、どう噛みつくかしか考えてなかったですね。「(かまいたちの)濱家さんもツッコミながらちょっと笑ってたでしょ」とか。

――松本さん、笑うツッコミは好みじゃないと言っていましたが、そうなんですよね、みんなちょっとは笑ってますよね。そして4番手のすゑひろがりずにも抜かれてしまいました。

 

屋敷 むしろ、あそこは抜かれてよかった。抜かれる想定でしかコメントを考えていなかったので、ギリ残って振られたら困るなと。なので、すゑひろがりずさんを内心、応援してました。

――去り際も不貞腐れた風を貫かれ、芸人としては、笑いの神様・松本人志に腐されたという絶体絶命のピンチを何とか切り抜けたのではないですか。