昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

2年連続決勝 見取り図が語るM-1緊張のヒドさ「上京する新幹線で2時間タバコ吸ってた」

漫才師・見取り図インタビュー#1

2020/03/29

「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら誰が出ても優勝していたんじゃないか、というレベルの高さでした」

 大会の締めに審査員のダウンタウン松本人志がこう語るほど、2019年のM-1は沸いた。では何がこの“神回”を作ったのか。出場した漫才師たちのインタビューから、その答えに迫っていく。

 事前に決勝進出を決めていた9組中7組が初出場組という異例の大会。決勝経験コンビはかまいたちと見取り図だけだった。

 これまでインタビューしたすゑひろがりずインディアンスによると、見取り図が本番前、初出場組に声を掛けて雰囲気を明るくしていたという。その真意とは? (全3回の1回目/#2#3へ)

◆◆◆

「行きの新幹線で2時間タバコ吸ってた」

――何人か他のコンビの方が、大会当日、楽屋で控えているときから盛山さんがものすごくムードを盛り上げてくれたと話していました。

盛山 盛り上げたというか、自分を鼓舞していたんです。いつもの自分でいたかったので、積極的に話しかけたり、ふざけたり、ヨッシャー!ってやってみたり。後輩が多かったんで、そういうこともしやすかったのだと思います。

――それは本番直前までですか?

盛山 そうですね。「今日の俺、めっちゃしゃべるな」と自覚しながら控えてました。単純に、緊張してたんでしょうね。他の人はそれを盛り上げてたと思ってくれたんですね。

見取り図の盛山晋太郎(左、ツッコミ担当)とリリー(ボケ担当)

――2018年M-1の決勝初出場のときは、行きの新大阪から品川までの新幹線内で、相当長いこと喫煙所にいたという話を聞きました。

盛山 いました、いました。2時間40分くらいの移動時間で、2時間は喫煙所にいたんちゃいますか。一服して戻ってきて、じゃあ、また吸いに行くかみたいな感じでしたから、マジで。新幹線の中だけで4箱ぐらい吸いましたね。

「M-1でも1組終わるたびに喫煙所行ってたわ」

――今回は?

盛山 2回目なんでトータル1時間ちょいで済みました。それでも、ずっと同じ喫煙ルームにいると怪しまれるので、ちょこちょこ移動しながら吸ってましたね。15号車で吸ったら、次は10号車にするかみたいな。

リリー そっちのほうが怪しいけど。爆弾仕掛けてるやつみたいに思われそう。

 

盛山 M-1でも、1組の出番が終わるたびに、おれ、喫煙所に行ってたわ。人のネタをあんまり見たくないというのもあって。めっちゃウケてたら嫌じゃないですか。

――基本的に見たくないものなんですね。

盛山 見たくないですね。特に賞レースのときは見ない。

リリー 僕は見てましたよ。

――たいていのコンビは他の演者のネタ中は、自分たちのネタ合わせをしていたと話していました。

盛山 僕らしてないですね。打ち合わせ程度のことはしましたが、壁の方を向いて、しっかりネタ合わせをやるみたいなことはしませんでした。

「決勝4番目のクジが引かれるときは震えてました」

――一昨年はトップバッターでしたが、今回は6番目でした。今回は待つ辛さも味わったのでは?