昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2021/09/04

――2年前の6組、昨年の5組、そして今回の4組における、ランキング戦3期連続優勝についてはいかがですか。

梶浦 2年前の6組優勝までは他の棋戦も含めて、一番上まで行ったことがありません。竜王戦だけ調子がよく、相性がいいのかなという気がしています。じっくりと考えたいタイプなので夕食休憩がある持ち時間5時間というのが、もしかしたらあっているのかもしれません。それまで持ち時間についてはあまり考えたことがなかったのですが、竜王戦を踏まえると長いほうがいいのかなという気もしてきました。もちろん、どんな状況でも強いのが理想ですが。

 

「負けたらしょうがない、次に向けて切り替えることも大事でしょう」

――あと1勝すれば挑戦者決定戦進出という「竜王戦ドリーム」が見えていましたが、惜しくも敗れてしまいました。

梶浦 去年も今年も、どこまで行こうというのは考えておらず、1局1局を全力で戦うことだけを考えていました。準決勝まで来たから挑決が見えてきたという意識はありません。ただ、昨年の七番勝負第1局で大盤解説に呼んでいただき、セルリアンタワーの能楽堂という大舞台での対局を見て、大きな勝負を逃したのかと残念に思うことはありました。

読売竜王戦Twitterより

 昔から世話になっている永瀬さん(拓矢王座)とこんな大きな舞台で戦えるというのは、すごくうれしかったですね。終わってみると、とても強かった、自分との差を大きく感じたというところです。

――そもそも、ベスト4というのは、「ここまで来た」という自信になるのでしょうか、それとも「あと一枚を抜けられなかった」という悔しさのほうが強いのでしょうか。

梶浦 どっちですかね。自分は負けを引きずるということはなく、自分が劣っていたということで納得している部分もあります。半分半分なのかなあ。結果に満足してはいけないと思いますが、負けたらしょうがない、次に向けて切り替えることも大事でしょう。

竜王戦挑戦者決定戦では、藤井聡太王位・棋聖が2連勝して豊島将之竜王への挑戦を決めた(写真提供:日本将棋連盟)

目標は年間30勝とタイトル獲得

――改めて、今後の目標についてうかがいます。短期的なものと長期的なものをそれぞれお願いします。

梶浦 短期的なものだと、今年度に30勝を上げたいという気持ちがあります。今13勝ですが、棋士になってから年度30勝を達成したことがないので、それはひとつの目標ですね。それだけ勝てればどこかの棋戦でいいところまで行くでしょう。竜王戦では負けましたが、新人王戦でもベスト4まで残っています。こちらも昨年は準決勝で負けたので、決勝という舞台に臨めるかどうか。それが一つのステップだと考えています。長期的な目標はタイトルを獲るということですね。

z