昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載春日太一の木曜邦画劇場

映画史上屈指の暴れぶり。千葉真一演じるやくざは「暴力の化身」だ!――春日太一の木曜邦画劇場

『仁義なき戦い 広島死闘篇』

2021/09/07
1973年(100分)/東映/3080円(税込)

 九月十三日に『文藝別冊 深作欣二』が河出書房新社から発売になる。ここで筆者は深作監督の仕事関係者、計二十七名にインタビューをした。

 その校了日直前に千葉真一のまさかの訃報が届いた。もちろん二十七名の筆頭にそのお名前はあり、五月末にロングインタビューをさせていただいた。その時は、変わらぬエネルギッシュなご様子で、初主演作が監督デビュー作――という縁からの深作監督作品の思い出をたっぷりお話しくださっている。それだけに、あまりに急なことに現実として捉えられずにいた。

 生前、本当にお世話になった。取材、テレビ番組、イベント、さまざまな機会でご一緒させていただき、どれほどの御厚情を賜ったか――。子供の頃からのヒーローにうかがえた素晴らしい芸談の数々は我が人生の至宝だ。それだけに亡くなってしばらくは胸をかきむしられるばかりで、追悼コメントなども出せずにいた。

 ただ、あれだけパワフルな演技を見せてくれた方。しんみりと振り返るのも違うのではないか。そこで今回は深作とのコンビで生み出された、最高に賑やかな作品を取り上げたい。それは『仁義なき戦い 広島死闘篇』。人気シリーズの二作目だ。

 舞台はまだ戦災の爪痕が残る、復興期の広島。千葉が演じるのは、現地最大の組織に牙を剥く武闘派やくざ・大友勝利(かつとし)だ。とにかく、この大友の暴れぶりが凄まじい。

 初登場シーンからして、実質的な主人公の山中(北大路欣也)を鋭角に先を切った竹ざおで突くわ叩くわの大リンチ。さらには敵対組織のチンピラ(川谷拓三)を拉致して海に投げ込んで舟でひきずり、ヘロヘロになったところを木に吊るして射撃練習。「あれらはオメコの汁で飯食うとるんど!」というとんでもないセリフも平気で吐く。マスコミ相手の記者会見では堂々と股間をかく。しかも、表情はいつもニコニコ。心から嬉々として暴れているのが伝わり、その様はまさに「暴力の化身」。

 しかも千葉の動きも深作のカメラワークもとんでもない激しさで繰り広げられる。そのため、目まぐるしい勢いで展開される大友の暴力の渦に観ていてひたすら巻き込まれていくしかない。その千葉の大暴れぶりたるや、世界の映画史上でも屈指といえる。

 生前、新刊が出る度に献本させていただいたのだが、その際に時おり携帯電話に着信があり、ご感想をくださった。たとえ早朝でも、八十歳近い御年齢でも、そのお声の圧は大友そのものだった。次の新刊発売でも、引き続きあのド迫力のお声をお聞かせいただけるのではないか――。今でもまだ、そんな気持ちでいる。

時代劇聖地巡礼

春日太一

ミシマ社

2021年4月20日 発売

大河ドラマの黄金時代 (NHK出版新書)

春日 太一

NHK出版

2021年2月10日 発売

日本の戦争映画 (文春新書 1272)

春日 太一

文藝春秋

2020年7月20日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー