昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

博多華丸の次女も脱落…日中韓オーディション番組『ガルプラ』に見る、次世代アイドル争いの「激しさ」

#2

2021/09/10

 日韓中から33人ずつ99人を集めて始まった、K-POPオーディション番組『Girls Planet 999』(以下『ガルプラ』)。前編では、「コネクトミッション」で実力派チームが敗北した原因を探った。

 そこでは日韓中から集まったスター候補生たちが、実力が高いがゆえにチームワークを成立させることができなかった状況が見られた。後編でも引き続き、コネクトミッションを取り上げる。

 そしてこのバトルの結果、ついに脱落者が発表された。サバイバルはいよいよ本格化してきた──。(全2回の2回目/前編から続く)

『GIRLS PLANET999』公式インスタグラムより

◆ ◆ ◆

難易度の高いBLACKPINKの課題曲

 コネクトミッションでは、同じ曲を2チームがパフォーマンスし、勝敗を決める8チームのバトルもあった。課題曲は、TWICE、BLACKPINK、IZ*ONE、OH MY GIRLの各曲だ。なかでも注目されたのは、BLACKPINKの「How You Like That」を選んだ2組だ。いまやBTSに次ぐK-POP発のグローバルスターとなった彼女たちの曲は、オーディション番組でも頻繁に課題曲として使われる。

 だが、その難易度は高い。過去にも、オーディション番組で失敗が目立つのはBLACKPINKの曲だった。今回もその例に漏れず、「How You Like That」にチャレンジした2組とも際立つミスをした。

 先にパフォーマンスしたのは2班のほうだった。このグループのリーダーは、BVNDITという5人組グループで2年間活動してきたシム・スンウン。キリングパートは安藤梨花(エイベックス・アーティストアカデミー)、メインラッパーはこのオーディションで初回から存在感を発揮したユン・ジアが務める。メンバーには、昨年「Nizi Project」で注目された櫻井美羽や、シグナルソング評価時に韓国勢1位となったキム・ダヨンもおり、全体的な能力値は決して低くない。

 が、曲の冒頭でシム・スンウンの歌い出しが速くなり、その後もこれに引っ張られた。途中にはひとりが音程を外し、その後もふたり続けて外した。ダンスでもひとりが完全に棒立ちになる瞬間もあった。最初の失敗が次々と連鎖してしまった。