昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

リクルート事件の首謀者にして、「8兆円企業」をつくった男・江副浩正を“正面”から論じるノンフィクション

『起業の天才!』(大西康之 著)――ベストセラー解剖

2021/10/01
『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』(大西康之 著)東洋経済新報社

 戦後最大の企業犯罪「リクルート事件」の首謀者としてよく知られる江副浩正。一方で、彼が立ち上げたリクルートは平成不況の「失われた30年」を経て健在。加えて、「元リク」と呼ばれる優秀な人材を様々な業界に輩出し続けている。どちらも江副が稀代の起業家・経営者として作り上げた社風ゆえのこと。そんな善悪両面を併せ持つ人物の像を、豊富な取材で描くノンフィクションが売れている。

「『リクルート疑獄の中心人物』ではなく『起業家としての江副浩正』を正面から論じた本は、これまでほぼありません。著者はゼロから手探りで、大変苦労して執筆していましたが、事件についてずっと沈黙を守ってきたリクルートコスモス元社長の池田友之さんと、江副夫人の碧さんに取材ができたとき、手応えを感じたんです。そして、最後のピースとしてハマったのが、ジェフ・ベゾスが間接的にではあるもののリクルートに関わっていたと知ったこと。著者は日本型の社会主義的な資本主義に対し、本当の資本主義に基づいた経営者の姿をぶつけることを長年のテーマにしています。江副さんをその代表として描く軸が見えたんです」(担当編集者の加藤晴之さん)

 読者の約3割が女性と、類書に比べて多い。リクルートは創業当時から女性が活躍できる会社としても知られていたが、その空気が響いているのかも。

2021年1月発売。初版7000部。現在7刷5万部(電子含む)

起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

大西 康之

東洋経済新報社

2021年1月29日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー