昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/23

悪質なパクリ広告の被害も

 今でもエゴサーチはやめられなくてたまに否定的な意見を見つけると心臓がヒュッてなるくらい傷ついちゃうんですけど、生きていたら傷つかないことはないので、傷ついてしまったことを悩んだり考えたりするのではなく、「グサッとくるものだ」と受け止め、「ああ傷ついた」で終えるようにしています。

──アンチスレが立ってしまうのはそれだけ注目されているからともいえます。先日は『来世ちゃん』のマンガとドラマの内容を剽窃した悪質な広告動画についても、Twitterで報告されていました。

いつまちゃん そのYouTube広告は『来世ちゃん』を知ってる方なら誰が見ても明らかな原作の模倣とドラマ版のセリフの引用をしておきながら、主役にあたるキャラを勝手に太らせた上で意中の相手からの罵倒を受け商品PRにつなげる…といった悪質なオリジナル要素を加えたものでした。

 半年かけてようやく、広告動画を制作した会社の代表者に経緯説明と謝罪をしていただきました。「パクられるのは人気の証」とも言われますが、作品は作家にとって子どもであり、命です。私と編集部が声をあげたことで、巷に流れる悪質なパクリ広告の再発防止に少しでもつながれば嬉しいです。

自分を愛してくれる人を好きになることから

──作品の話に戻りますが、桃江ちゃんのように、恋人にしてほしい相手からセフレとしか思われていない場合、どうすればいいのでしょうか。

いつまちゃん 適切な攻略法があったら来世ちゃんは一巻で終わってますよ(笑)! 喉から手がでるほど100億円がほしくとも難しいのと同じで。世の中には手に入らないものの方が多いです。

 セフレにもいろんなパターンがありますが、相手に「こいつは恋人じゃなくてセフレでいいや」と思われてしまってる現状からのステップアップってかなり厳しいので、「いえーい恋人にしたいくらい好みのイケメン(美女)とセックスできてハッピー!!」くらいの気持ちでいた方が気持ちも楽ですし、勝率も上がると思います。ネガティブな感情で追われると人は逃げたくなるものです。

 でもセフレやってるのが楽しいならいいですけど、現状が辛い、いつか誰かと落ち着きたいと思ってるならもっと相性の良い人探した方が早いです。今は脳がバグってセフレに執着してるだけできっともっと良い人大切にしてくれる人はいます。自分を愛してくれる人を好きになることから始めましょう。しかしながらどうしてもその彼(彼女)が諦められないなら、それも良いと思いますよ。今の自分がだめなら綺麗になってキャリアップして生まれ変わった自分で攻めればよいだけです。自分のステータスが上がる頃には、相手への執着心が萎えてしまいもっと良い相手と!ってパターンも多いですよ。