昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/24

《兵庫》ル・パン神戸北野

瀬戸内レモンケーキ 6個入 神戸開港150年記念缶2484円

 ハーバーランドにある、70室すべてがオーシャンビュー・テラス付きのスモール・ラグジュアリーホテル。このホテルの朝食に出されるパンをぜひ買って帰りたいという顧客からの要望によって生まれたのが、直営のスイーツ&ベーカリーショップ「ル・パン神戸北野」。この人目を惹く独創的なデザインの缶には、“ル・パン”の名物であるレモンケーキが入っている。缶に印刷されている「1868」は神戸港が開港した年。この缶は2017年、神戸開港150年を記念して作られた。華美になりすぎず、でも華やか。そこが神戸らしい。

《兵庫》三ツ森本店

炭酸煎餅650円

 有馬温泉の代表的銘菓・炭酸煎餅。明治末期に「三ツ森本店」の創業者・三津繁松が製造・販売したのが始まりと言われている。この缶はある人に素敵だと教えてもらって知った。「和と洋風レトロの混合」をテーマに、京都出身の日本画家がデザインしたという。青とオレンジ、反対色のかけ合わせなのにどぎつく感じないのは、間に白とゴールドがあるおかげ。計算しつくされたデザイン。

《奈良》奈良ホテル

奈良ホテルクッキー(缶入り)3780円

 明治42年創業。関西の迎賓館とも言われた「奈良ホテル」。本館の建築は東京駅や日本銀行本店などを手がけた建築家・辰野金吾氏によるもの。その「奈良ホテル」のクッキー缶。ロイヤルブルーの缶には、日本最古の文様とも言われる「宝相華(ほうそうげ)」が印されており、古の美しさを放つ。「宝相華」とは仏教の8枚の花弁の花と蔦が描かれている唐草文様のことで、中国では唐・宋の時代に、日本では奈良時代、平安時代に流行ったと言われている。奈良時代には多くのものに「宝相華」の文様があしらわれ、「奈良ホテル」からもほど近い正倉院の宝物にも多数見ることができる。