昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

全く新しい「外来種」のような音楽だった…それでもドリカムが大人気グループになった“納得の理由”

『EPICソニーとその時代』より #2

2021/11/07

 ドリームズ・カム・トゥルーといえば、1988年にデビューし、またたく間に全国的人気を獲得した音楽グループだ。デビュー当時から現在に至るまで数多くの楽曲を発表し、アルバム『The Swinging Star』はオリコン史上初の300万枚以上を売り上げるビッグセールスを記録した。

 音楽評論家として活動するスージー鈴木氏は、そんな1990年代音楽シーンを代表するドリカムのヒットの要因を明晰に分析した。ここでは同氏の著書『EPICソニーとその時代』(集英社新書)より一部を抜粋。ヒットに繋がった決定的な“要素”を紹介する。(全2回中の2回目/前編を読む)

◆◆◆

ドリカム《うれしはずかし朝帰り》から始まる「シン・EPICソニー」の歴史

 今から考えると、EPICソニーの歴史の中でも、ひいては日本のポップス史の中でも、全く新しい「外来種」のような音楽だった。ただしこの「外来種」、ややこしいのは、パッと見は「在来種」、つまり当時の日本の音楽シーンに、すーっと入ってくる人懐っこさを持っていたことだ。

 キュートなルックスの女性ボーカルと、とっちゃん坊やのようなベーシストと、クールな面持ちのキーボーディストの3人組。しかしジャケットのように、総じて人を選ばない、実に親しみやすいルックスで迫ってくる。

 男女比は違うが、90年代に日本テレビで放送されていた『DAISUKI!』という番組のMCの3人組=中山秀征、松本明子、飯島直子が発していた「90年代的和気あいあい感」に近いものを感じていたのは、私だけだろうか。

 さらには曲名も《うれしはずかし朝帰り》で《うれしい!たのしい!大好き!》(89年)で《晴れたらいいね》(92年)だから、その清潔かつ灰汁の取れた感じは、非常に間口が広い。そもそもユニット名「ドリームズ・カム・トゥルー」(夢は叶う)という響きからして。

©文藝春秋

 しかし、曲を聴き始めると、深みにハマるトラップが、いくつも仕掛けられているのだ。この《うれしはずかし朝帰り》で言えば、まずは吉田美和の冒頭の雄叫びである。

 イントロ9小節目から始まる「♪ウォーウォーーーウォウウォーーーーヤヤヤヤヤー!」。録音音源にもかかわらず、抜群の声量で歌われていることが一発で分かる。さらに音程も、一気に上のCまで上がるので、かなりの高音だ。まさに雄叫び。

 「歌う」ではなく「吠える」感じ。島津亜矢は「歌怪獣」と評されるが、「歌う」ではなく「吠える」ほどのフィジカルを「歌怪獣」の定義とすれば、80年代を代表する「歌怪獣」が玉置浩二で、90年代のそれは吉田美和となろう。