昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/22

genre : ライフ, グルメ

 檸檬と牛ロースを食べたところで、お酒はレモンサワーにチェンジ。今流行りの料理とお酒のペアリングまで楽しんでしまうという、もはや、ねぎしの王様にでもなった気分です。

 

牛たん気分を味わえる“強力な助っ人”

 しかし、そんな王様も、やはりまだまだ牛たんへの未練が実はあるのです。

 そこで、「じゃない方」のルールは守った上で、少しでも牛たん気分を味わおうと、強力な助っ人を注文。

 

 そうです、牛たんセットには欠かせない、おみ漬けと味噌なんばんの盛り合わせです。牛たんとご飯と一緒にこれをつまむのがいいんですよね。

 

 ということで、牛ロースにおみ漬けと味噌なんばんをトッピングして一口。

 すると不思議、いつも牛たんと一緒に食べている味が加わることで、頭の中ですっかり牛ロースが牛たんの味に変換されます。

 今、僕は牛たんを食べている!

 これぞパブロフの犬ならぬ、なんばんの牛。味噌なんばんとおみ漬け、偉大なバイプレイヤーです。

店舗限定のトンカツをオーダー!

 と、ここまで「じゃない方」の焼き物を楽しんできましたが、実はここお茶の水サンクレール店には都内でここと五反田西口店にしかない、特別なメニューがあるのです。

 

 それは、しろかつ!

 牛たん「じゃない方」どころか、焼き物「じゃない方」。まさかのねぎしで揚げ物です!

 これは実にレア(あ、揚げ方の話ではなく、珍しいという意味ですよ)。

 

 通常のねぎし店舗にはない、フライヤーを使って店内で揚げるしろかつ。ふんわりとした衣が揚げる前から美味しそう。

 

 ヒレとロースのミックスしろかつ。

 名前どおり衣の色が薄い、そしてお肉の断面はうっすらピンク色。

 しろかつということで、まずは卓上のピンク塩で一口。

 わ! めちゃくちゃ美味しい!