昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/29

この布陣にはもちろんビール!

 さらに焼き餃子。

 

 最近、餃子を酢とコショウで食べるのが流行っていますが、山ちゃんでは酢と幻のコショウで食べられる訳です。これは餃子通も抑えておかないとね!

 

 オトッツァバケットはガーリックオイル風味のバゲットに幻のコショウがアクセント。

 絶対ビールに合いそうなやつです。

 

 卓の上が、一気に手羽先じゃない方祭りに!

 やはり看板メニューの幻の手羽先に対抗するには、この位の布陣が必要でしょう。

 そしてこれにはもちろんビール!

 

 幻の手羽先に対抗するには、これも必須でしょう(という理由を付けて、仕事でお酒を呑む)。

 ジョッキに山ちゃんのイラストがあるのもポイント。家でもこのジョッキで呑みたいな。

まずは餃子とポテトを……

 まずは焼き餃子with酢コショウを。

 

 お、あの味だ!

 お酢でさっぱりとしていますが、やはり山ちゃんの手羽先に使われている、あの幻のコショウの味がしっかり効いてます!

 

 すかさず、ビール行くよねー!

 餃子、幻のコショウ、ビール。ぶっちゃけ、もうこれだけでも全然満足です(笑)。酢・醤油・ラー油で食べるよりも、幻のコショウの方がオツマミ感があって、お酒が進む進む。

 

 ポテトはさらにダイレクトに幻のコショウ味を感じてGOOD!

 すでにビールをテーブルに置く気すらなくなっています。

 手羽先だとどうしても両手を使いますが、ポテトは片手で食べれて、もう片手にビールを持てるので、むしろこちらの方が優位かもしれません(判断基準が完全にビール寄りになってますが)。

 手羽先と同様、1本食べるともう1本と、手が止まらなくなる、幻のコショウの威力がすごいです。