昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《きょう20歳のお誕生日》愛子さまが“登校への不安”から立ち直ったきっかけとは「ご心配を頂いたことと思いますが…」

2021/12/01

genre : ニュース, 皇室

 12月1日、敬宮愛子さまは20歳の誕生日を迎えられます。

 愛子さまの誕生以来、多くの皇室テレビ番組に携わり、『天皇家250年の血脈』(KADOKAWA)、『佳子さまの素顔』(河出書房新社)などの著書も持つつげのり子さんが、愛子さまのスポーツとの関わりについて語ってくれました。

~~

20歳のお誕生日を迎えた愛子内親王殿下 宮内庁提供

 幼い頃の愛子さまについて、「雅子さまにしがみつく引っ込み思案な人見知りの女の子」という印象を持っている人も多いかもしれません。しかしご成長につれて、現在の愛子さまはアクティブで負けず嫌いな側面を発揮しています。

 そのきっかけの1つが、両陛下も大好きなスポーツとの出会いでした。

「あっ、あの木の上……」

 愛子さまがスポーツに積極的に取り組むようになられたのは、ご両親である両陛下の影響が大きいものと思われます。

 天皇陛下は独身時代から山登りが大好きで、その健脚ぶりは屈強な体力自慢のSPも舌を巻くほど。雅子さまも幼い頃からご家族で山登りをされていました。そんなご両親のもとにお生まれになった愛子さまですから、生後8カ月の時には陛下がベビーキャリーを背負って、ご家族3人、那須で散策に出掛けています。

宮内庁提供

 愛子さまが14歳の時、長野県の上高地で開催された山の日の記念式典に、ご家族3人で出席し、ともにチェック柄のお揃いのシャツで周辺の散策を楽しまれました。上高地の美しい自然に触れながら歩いている時、愛子さまが何かを見つけたように言葉を発しました。

「あっ、あの木の上……木の上に鳥が休んでいますよ」

 案内した自然保護官の藤田和也さんは、その時の様子をこう話します。

「愛子さまがお気づきになられた鳥は、高い木の一番上にいたので、両陛下もその場にいた人たちもよく見つけたものだと感心しました。その場所は周囲が開けた湿原で、目の前に山がそびえ立っているので、大抵の人はそちらに目が行くのですが、愛子さまは山道を歩きながらも周囲の風景をよく観察なさっていたのでしょうね」

 普段からご家族で散策をしながら、四季の移り変わりや動植物の命の息吹に目を留めていらっしゃるのだろうと、藤田さんは話します。