昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

阿部慎之助失速で、桑田真澄、元木大介が猛追…巨人監督レース、原辰徳の次は誰に?

 終盤の大失速もあり、2021年シーズンを3位で終えた巨人。G党から変革を望む声が高まるのをよそに、球団は原辰徳監督(63)と新たに3年契約を結んだ。

「原監督は19年のシーズン終了後に阿部慎之助(42)を引退させ、帝王学を授けるために二軍監督に就かせた。この時点では今オフの監督交代が織り込まれていたのです」(番記者)

 なぜスムーズに“禅譲”が進まなかったのか。

「阿部さんはミスをしたら厳しく叱責したり、罰走をさせたりと、二軍選手を萎縮させていた。その体育会気質が読売新聞本社筋から良く思われておらず、一軍監督としては時期尚早と判断されたようです」(同前)

かつては蜜月だった原監督と阿部コーチだが…… ©共同通信社

 結果、巨人軍の次期監督戦線は混沌模様に。来季のベンチには阿部慎之助一軍作戦兼ディフェンスチーフコーチ、元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ(49)、桑田真澄投手チーフコーチ(53)と3人の「チーフ」が並ぶことになった。

「あえて『チーフ』という異例の肩書きを持たせたのは、この3人に競わせるという球団側の姿勢の表れです」(スポーツ紙デスク)

 そのチーフたちは早くも自分の色を見せ始めている。