昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

故人様の足元に白い長い棒状のものが…

――そういった悲惨な状態のご遺体を担当することも多いのでしょうか。

おくりびと青木 そうですね。基本的には状態のいいご遺体ばかりですが、なかにはお風呂で亡くなったり、海で亡くなったりした方だと、体が膨れてしまって人の形ではなくなってしまっている方もいます。言葉では言い表せられない程、腐敗臭が強いこともあります。

 ある時、おばあちゃんの故人様を担当させていただいたのですが、そのおばあちゃんは交通事故でお亡くなりになられたそうなんですね。私たちが対面した際にも、交通事故でしたので、切り傷とか痣がある状態だったんです。お布団の上に寝ていらっしゃったんですけど、ぱっと見ると故人様の足元に白い長い棒状のものが置いてあったんですね。「あれ? これなんだろうな」と思って持ってみると、ズッシリと重たいものだったんです。「これは故人様が愛用していた何かしらのものなのかな」なんて思っていたのですが、その白い布で包まれたものが、端っこから赤く染まってくるのが分かるんです。「あれ? これはヤバイな」と思って、その白い布を取らせていただいて中を覗くと、その方の右腕だったんです。実は、交通事故の衝撃で右腕を切断してしまった状態だった。

おくりびと青木の実家である葬儀会社の祭壇 ©文藝春秋(撮影・宮崎慎之輔)

 こういった場合、お棺に入れた際にできるだけ人の形を保つようにして入れさせていただくんですね。お顔があるところにはお顔。お身体があるところにはお身体。右腕、左腕、右脚、左脚という感じで。必ず人間の形を保つように置かせていただくんです。たとえ首から下が一切ない場合でも、お顔をその場所に置かせていただいて、その下にタオルとか布を重ね合わせて、人の身体があるように作らせていただきます。そのおばあちゃんは右腕だったので、本来右腕のある場所に返させていただいたわけなんです。そのようにして棺の中にお納めさせていただきました。

「お笑い芸人」兼「納棺師」のおくりびと青木  ©文藝春秋(撮影・宮崎慎之輔)

――そういった場合は、ご遺族には見せないかたちになるのでしょうか。

おくりびと青木 見せないこともあれば、ご遺族様が見たいという場合もあるので、できるだけ見せられるようにはしますが、「こういう状態です」と必ず説明するようにしています。事故とかでバラバラになってしまった故人様もいますので、やはり肉片だけになるとどうしようもないので、そういった方に関しては警察の方からも説明も入っていますので、そのままお棺の中に入れて火葬する場合もあります。

#2へ続く

 YouTubeの「文春オンライン」公式チャンネルでは、インタビュー動画を配信しています!

 

コミック「おくりびと芸人」
https://booklive.jp/product/index/title_id/10002940/vol_no/001

おくりびと芸人(1) (COMICアンブル)

おくりびと青木 ,赤坂まあな ,アンブル編集部

ライブコミックス

2020年9月18日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z