昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「憧れのヒロインを“母”にしていいのか」という声も…『ふたりエッチ』で妊娠・出産を描くまでに“19年を要した理由”

克・亜樹さんインタビュー #2

2021/12/30

 性体験がないもの同士の優良と真が結婚し、ふたりが愛情を育みながら、性について学んでいく漫画『ふたりエッチ』(白泉社)。

 97年に『ヤングアニマル』で連載がスタートした同作が、今年で25周年を迎えた。

 作者の克・亜樹氏(60)に、作品における性表現、キャラクターたちへの想い、25年にわたって連載を続けられる理由などについて聞いた。(前後編の後編/前編を読む

◆◆◆

――連載を続けてきた25年の間に性愛観や性事情が変容しましたが、克先生自身の表現法自体も変化してきたのではないでしょうか? たとえば、初期はスクリーントーンでモザイクを作って女性の股間を隠していましたが、最近は白塗りやドクンという擬音のド、ク、ンのどれか一文字を被せています。

克・亜樹 モザイクは、「ここまでしなくても……」と引っ込めました。いまは擬音を使うのがメインですが、「これで本当にオッケーか?」とか悩みながら描いてはいます。常に面白い表現、新しい描き方を模索してますけど、なかなか難しいですね。

克・亜樹先生は常に表現方法を模索している ©克・亜樹/白泉社

――性器の細部やヘアを描かないのは、どこかはばかられるところがあるのでしょうか?

克・亜樹 写真集でヘアが解禁になった頃、漫画でも青年誌ならヘアは大丈夫みたいな流れがあったんです。それに乗っかるか悩みましたけど、乗らなかった。詳しく描くと、18禁の成人向けに寄ってしまって青年向けじゃなくなってしまう。実際、いまだって原稿を提出して「これは駄目だよ」と言われて修正することもあります。分泌液は描かないとか、擬音を過剰に生々しくしないとか、守るべき細かいラインが意外とあるんですよ。細かく表現したい場合は、図解にして逃げたりします。