昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

望まないセックスをやめられないとき

 すでに説明したように、男性だからといっていつもセックスをしたいわけではない。そのときの感覚で、したい気分だったり、したくない気分だったりと波がある。ところが、男性って本心ではしたくないと思っているのにもかかわらず、セックスをしてしまうことがある。

 男性が、本当はそんな気分でもないのに、セックスを追い求めてしまう理由はいくつかある。本当は好きな人とだけしたいのに、相手が見つからないから、そんなに好きじゃない子としてしまうこともあるだろう。友達に自慢するためかもしれない。もしくは、付き合っている人がいるけど、セックスをしないと、愛情が冷めてしまわないか不安なのかもしれない。最初は気持ちよかったセックスに途中で冷めてしまったけれど、中断することへの後ろめたさで続けてしまう人もいるだろう。自尊心が低かったり気分がへこんでいると、自分に価値があると感じるために、もしくは、実際には望んでいない行為をすることで自分を罰するために、セックスに溺れていくケースもある。

 どんな理由であれ、したくないのにセックスをしてしまうのなら、それは自分を傷つける行為だ。自分の感情にきちんと耳を傾けるのが大切だ。これ以上落ち込んだり、みじめになったりしないためにね。

 もし、自分でコントロールできず、境界線がわからないときは、医師やセラピストなどの専門家に相談してもいいだろう。

セックスを強いられたとき

 男性は時に、自分の意思に反してセックスを強いられる。これはあまり、知られていないことかもしれない。強要されたセックスが、暴力的とは限らない。セックスを無理強いされた人は、パニックに陥り、からだがかたまって声を出せず、抵抗や拒否できない状態になってしまう。また、酔っているとき、ドラッグの影響があるとき、そして眠っているあいだ、拒否できない状況でも強要される可能性がある。性自認や性的指向、そして年齢などに関係なく、誰でも加害者になりうる。