昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/05

【9区】中村唯翔が区間新。その時、記録を破られた篠藤さんは…

西本 9区はやっぱり青山学院大の中村唯翔選手の区間新でしょう。

ポール それまでの区間記録は2008年、中央学院大の篠藤淳さんが出したもの。箱根駅伝最古の区間記録です。

西本 シューズが進化して、これだけ高速化しても、秒差で抜けない記録でした。

青学大・中村唯翔選手 ©JMPA

ポール 最も近づいたのは2015年の青山学院大の藤川拓也選手で、わずか3秒足りませんでした。

西本 あの時は横浜駅付近で川崎友輝選手が給水をしたんだけど、渡す、渡さないのじゃれあいがあって。あれがなければ区間記録を更新していたんじゃないかと一部で話題になりました(笑)。ただ、区間記録保持者は卒業しても、自分の記録が破られるか意外と気にしているんですよね。

ポール 8区の区間記録保持者の元東海大・小松陽平選手は、今回記録が破られなかったことで「防衛成功」とツイートしていましたから(笑)。

西本 ところが篠藤さんは、あまり気にしていなかったようです。区間記録が破られたまさにその時、しゃぶしゃぶを食べていたらしい。「しゃぶしゃぶ食っていたら区間記録更新されてた。中村君速いね!おめでとう」とインスタのストーリーで中村選手に祝福していました。きっと色々な人からメッセージが来て、気付いたのでしょう。その篠藤さんは昨年、山陽特殊製鋼を引退されたばかり。このタイミングで記録が破られると言うのも、感慨深いですね。