昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

2022/01/22

慶太 事務所にもたくさん送られてきましたね。チョコじゃないですけど、1メートルくらいあるスルメイカを干したやつが届いたことがあって、衝撃で。

祥太 覚えてる。ファンレターもけっこう届いていて、僕らマメに返事を書いてましたよ。

慶太 すべてに返事は無理でしたけど、返事しやすいファンレターを送ってくれる方がいるんです。

ーー返事しやすいファンレターというのは。

慶太 返信用のハガキや封筒を入れてくれるんですね。

祥太 しかも質問と、返信先の住所まで書いてくれてるんですよ。「好きな食べ物は?」とか、「好きな女性のタイプは?」とか。そこまでしてくれると、やっぱり気持ちに応えたいですよね。

 

慶太 いまだに数人のファンの方から送っていただきますけど、やっぱり返信用のハガキや便箋を入れてくださっていて。

祥太 質問も書いてくれてますね。

慶太 「欲しいプレゼントはなんですか」とか。いやいや、そんなの申し訳なくて答えられないっていう。いまの僕らなんて露出が減っているのに、そうやって応援してくれるのはほんとありがたいです。

 こないだもいただいたので、「仕事を頑張りますので、これからも応援よろしくおねがいします。お互いに体に気をつけて、コロナを乗りきりましょう」と返事を書きました。

 

ブレイク後、10代の頃のリアルな収入は?

ーー生々しい質問ですけど、ブレイク後の10代の頃の収入は相当な額でしたか?

慶太 これが、そんなに入ってこないんですよ。

祥太 僕らがどれくらい稼いでいたか、はっきりわかんないんだよね。

慶太 なんだか仕事が忙しいなって感じたら、そのあたりで歩合制から給料制に変えられたりとか。なので、そんなもらってなかったと思います。

祥太 ただ、当時の10代後半にしてはもらってたほうじゃないですかね。17歳から20歳くらいまで、月25万はもらってた気がします。

z