昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私をお嫁さんにと思ってたのは本当なんですよ」漫画家・水野英子が語る、赤塚不二夫や石森章太郎と過ごしたトキワ荘での7ヶ月

『少女漫画家「家」の履歴書』より#2

source : 文春新書

genre : エンタメ, ライフスタイル, 読書, 歴史

 漫画家の家と聞いて、まず思い浮かべるのは、手塚治虫や赤塚不二夫らが若き日を過ごした伝説のアパート「トキワ荘」でしょうか。私たちの心をつかんで離さない作品の背景には必ず、漫画家が仲間やアシスタント、そして編集者ら、気の置けない仲間たちとつどい、切磋琢磨した特別な空間があります。

 ここでは、少女漫画の黄金期である1970年代までにデビューした12名の漫画家の記事を編んだ『少女漫画家「家」の履歴書』(文藝春秋)より、漫画家・水野英子さんがこれまで暮らしてきた家の思い出を紹介します。(全2回の2回目/前編を読む

漫画家・水野英子さん

◆ ◆ ◆

トキワ荘での赤塚さん、石森さんとの思い出

 4畳半の部屋には一間幅の窓があり、すごく気持ちが良かった。連載と合作を並行して、1日中描いてましたね。休憩は近所の喫茶店エデンです。欧風でクーラーがあるのが良かった。打ち合わせと称して、赤塚さん、石森さんと映画の話ばっかりしてね。

2階の右から2番目の部屋が水野英子さんのお部屋の窓 撮影:むかいさすけ

 食事は赤塚さんのお母様が用意して下さって、私は2階の炊事場へお手伝いに行ってました。準備が出来たら、赤塚さんが壁を叩いて隣の石森さんを呼ぶんです。すると「うォーい」と返事が聞こえてくる。

石森(石ノ森)章太郎さん ©️文藝春秋

 赤塚さんは美青年で、作業中にライトを私の方へ向けてくれたりと細やか。お母様が線の細い赤塚さんを心配して、私をお嫁さんにと思ってたのは本当なんですよ。いっぽう、石森さんは無骨だけど映画や音楽に通じてる博識のお兄さま。大きなステレオをお持ちで、仕事中、彼の部屋からジャズからポップス、クラシックが聞こえてました。

赤塚不二夫さん ©️文藝春秋

 ある日、仲間が部屋を真っ暗にしてヒソヒソ何か観てる。私が戸を開けようとしたら、「女はダメ!」って。ブルーフィルムだったんです。そんな時だけ女の子扱いするんですよ(笑)。

トキワ荘 撮影:むかいさすけ(人物はむかい氏)

 お2人と漫画について議論はしませんでしたね。ただ、お互いどう描くかジーッと観察して。石森さんは私の少女の描き方を研究していたそうです。

トキワ荘 撮影:むかいさすけ(人物はむかい氏)

 本当にトキワ荘にいるだけで絵が月ごとに上達しました。そんな生活が楽しすぎて結局、7カ月も居着いちゃった。家への連絡も忘れてたので、祖母から「生きてるか?」と心配した手紙が届いたのをしおに帰郷したんです(笑)。