昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人間を襲うポケモン、村の外で“死”を迎えうる主人公…『ポケットモンスター』完全新作が踏み込んだ「歴史的タブー」とは

『Pokémon LEGENDS アルセウス』の革新

2022/02/04

genre : エンタメ, 娯楽

 ポケモンといえば「かわいらしい生き物」という印象を持つかもしれないが、実際はかなりの力を秘めた生物である。インド象を2秒で気絶させるガス状のポケモンもいれば、ナパーム弾でも壊せない硬い殻を持った二枚貝のポケモンも存在するのだ。

 とはいえ、その恐ろしさはあくまで設定レベルの話である。ポケモンを利用した戦争などもあったようだが、ゲームのなかでは昔話のように描かれる程度だ。

 

 しかし、2022年1月28日に発売されたNintendo Switch専用ゲームソフト『Pokémon LEGENDS アルセウス』では、そのポケモンの危険さが本当に描かれるのである。

 今回の『Pokémon LEGENDS アルセウス』はかなり挑戦的な作品だ。テレビゲームとしても進歩しているし、何よりポケモンのタブーとされる部分に触れようとしている。2021年で25周年を迎えた本シリーズは、さらなる飛躍を求めているのだ。

古典的すぎるRPGだったポケモンが現在のトレンドに“進化”

 

『ポケットモンスター』シリーズはこれまで古典的なRPGとして描かれており、それこそ『ドラゴンクエスト』シリーズのように、技や道具などの各種コマンドを入力してバトルや冒険を行っていくゲームであった。

 一方、新作である『Pokémon LEGENDS アルセウス』はアクションの要素を追加している。プレイヤーは実際に主人公を動かし、広い世界を自由に冒険し、そのあたりに住むポケモンたちにモンスターボールを投げて捕獲を試みるのだ。