昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「料理に6時間かけても1秒で完食」オムライス、鮎の炊き込みご飯、カルメ焼き…“指先サイズ”のレシピ動画「ちびめし」制作のウラ側とは

 コロナ禍により自宅で料理をする人が増えた昨今。ネットでは数多くのレシピ動画が溢れている。そんななか、異彩を放つのがアメリカ発の動画メディア「テイストメイドジャパン」が配信する「ちびめし」シリーズだ。

 オムライスやハンバーグなどの定番レシピからスイーツまで紹介されているが、どれも完成するのは指先ほどのサイズ。さらには使用するキッチンや調理器具もすべてミニチュアサイズというこだわりぶりだ。その完成度はレシピ動画にもかかわらず、思わず見入ってしまうほど。

 そんな「ちびめし」シリーズの制作を担当するテイストメイドジャパン株式会社のあさみさんに「ちびめし」を作る際の苦労やこだわり、SNS戦略など話を聞いた。

◆ ◆ ◆

レシピを選ぶ際は、その時の流行を取り入れる

――テイストメイドジャパンは「美味しい食べ物、美しい場所、インスピレーションを刺激し、人々を魅了。 あらゆるデジタルデバイスで視聴可能な、 全く新しい次世代型の動画メディア」と銘打っています。そんな中で「ちびめし」シリーズはいつから始まったのでしょうか。

あさみ もともとアメリカの本社が「タイニーキッチン」という名前でミニチュアサイズのレシピ動画を配信していたのですが、2016年に“テイストメイドジャパン”が設立されたタイミングで「タイニーキッチン」の日本版として「ちびめし」がスタートしました。

「ちびめし」シリーズを担当するあさみさん ©文藝春秋(撮影・宮崎慎之輔)

――「ちびめし」は洋食や日本食、スイーツまで多岐にわたっていますが、レシピを選ぶ際の基準はあるのでしょうか。

あさみ 基準は特にないですね。企画段階で「この料理、小さくしたら可愛くない?」みたいな、そういう会話から始まります。ただ、流行のものも取り入れたりしています。例えば、Netflixで配信された「イカゲーム」がきっかけで流行った“カルメ焼き”なんかは反響も大きかったですね。

「イカゲーム」でブームとなったカルメ焼き(テイストメイドジャパン提供)

細かい再現をするのは…難しい!

――どんなレシピが人気なのでしょうか。

あさみ 意外とカレーライスのような皆さんがパッと思い浮かぶお料理の方が「可愛い! すごい!」っていう声が多いです。きっと慣れ親しんでいるので、わかりやすいからだと思うんですけど。なので、オムライスやハンバーグなどの定番のお料理を小さくすることが多いです。

画面左が食べられるスモアクッキー(テイストメイドジャパン提供)

――なかでも一番苦労したレシピはなんでしょうか。

あさみ どれも本当に手をプルプルさせながら作っているんですけど、最近だとフィギュアをモデルにして作った「スモアクッキー」が大変でした。フィギュアと本物の比較なので、どうしてもそこはこだわりたくて、チョコの出具合やマシュマロの潰れ具合とか、そういった細かい再現をするのが結構難しかったですね。