昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ビキニなんて着たことがなくて…」短大時代は読者モデル、インリン46歳が遂に明かす“エロテロリスト”誕生秘話

インリンさんインタビュー #1

2022/02/26

genre : エンタメ, 芸能

 2000年代、“エロテロリスト”としてグラビア界に登場し、一世を風靡したインリンさん(46)。しかし、子供時代はとても厳格な家庭で育ち、デビュー前に「ビキニなんて着たことがなかった」とのこと。そんなインリンさんはいつ、どのように「セクシー」に目覚め、グラビアモデルとして開花していったのでしょうか――。

 当時は「インリン・オブ・ジョイトイ」として活動していましたが、2016年からは芸名を「インリン」に。結婚後は故郷・台湾で暮らしている彼女に、1995年のデビューから現在まで、どんな世界を見てきたのか伺いました。(全2回の1回目/後編に続く

インリンさん

◆ ◆ ◆

――インリンさんは10歳のときに、ご家族で台湾から日本にいらっしゃったんですよね。

インリン そうですね。そこからはずっと日本に住んでいたんですけど、今は台湾に戻って、夫と子どもと一緒に暮らしています。

――インリンさんといえば、大胆なグラビアやバラエティー番組での印象がとても強いのですが、そもそも芸能界に入ったきっかけは何だったのでしょうか?

インリン もともとはアルバイトみたいな感覚で、ファッション誌でちょこちょこ読者モデルをやっていたんです。モデルの仕事に憧れていたので、短大生の頃、自分で応募して。綺麗な格好をして、写真を撮ってもらうのが大好きだったんです。

 

――その流れでグラビアの世界に?

インリン そのときに、「ジョイトイ(※)」のユニットを組むことになるカメラマンの方と知り合いまして。その方がちょうど、中華系の女性モデルを探していたんです。それで、台湾出身というところを気に入ってくださったようで、「インリンでやってみよう」みたいな。そこから「インリン・オブ・ジョイトイ」として、グラビアをやるようになりました。

※かつての芸名にもなっていた「ジョイトイ」とは、インリンさんがそのカメラマンと結成したユニット名のこと。2016年に「ジョイトイ」から脱退したため、現在は「インリン」として活動している。

「スクール水着しか……」

――読者モデルの頃は、やっぱり綺麗なお洋服を着て、カフェで……みたいな撮影が多かったんでしょうか。

インリン そうですね。

――それがグラビアを始めたら一転、「エロテロリスト」に。かなり大きな変化ですよね。

インリン ジョイトイのユニットには世界観があって、セクシーでカッコ良くて、自立した女性というのがテーマだったんです。それを写真や映像で表現しなきゃいけないんですけど……でも、当時の私はセクシーの欠片もないというか、セクシーが何なのかも本当に“はてなマーク”で。それくらい、すごく厳しい家庭で育ったんですね。

 

 考え方も古風なおじいちゃん、おばあちゃんと、3世代一緒に住んでいて。ちょっとスカートの丈が短くて、膝より上だったら家から出してもらえないとか。水着もビキニなんて着たことがなくて、本当に、スクール水着しか着ていなかったんです(笑)。

――そこからいきなりグラビア撮影に?