昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

膨らませない“バルーンアート”が不思議…使うのは風船と針金?作り方や他の作品を見せてもらった

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 娯楽, アート

 

“バルーンアート”といえば、膨らませた細長い風船をねじったりして動物など、さまざまな形を作りあげる作品をイメージするだろう。しかし中には、風船を膨らませないバルーンアートがあるという。

まずはその作品を見てほしい。

「名も無き旅路の花」

瓶の中に咲くのは、1輪の赤いバラ。まっすぐ上に伸びた茎に、2枚のつややかな葉を広げ、中心に咲くバラは何枚もの真っ赤な花弁を重ねている。

赤バラだけでなく他の花もある 「名も無き旅路の花」シリーズ

これはバルーンアーティストの谷川雄馬さんが作った作品。谷川さんは、風船を膨らませずに広げたり伸ばしたりして、ファンタジー世界に咲く花や生きる幻獣たちを作り上げているのだという。

きっかけは自身の結婚式ブーケ

一般的なイメージとは異なる風船の使い方でのバルーンアートだが、一体どのようにして作っているのだろうか? また、印象に残っている作品なども知りたい。

気になる点を谷川さんに聞いてみた。


ーー膨らませないバルーンアートを作り始めたきっかけは?

2019年5月の自分たちの結婚式で「昔作った感じのブーケを式のために作って欲しい」と妻に頼まれてから、本格的に制作し始めたきっかけです。昔からあるバルーンアートの技法の一つとして知っていて、以前ファッションショーの小道具として作った事があり、数年ぶりに自分達の結婚式で作ることになりました。

あまり認知されていない手法のため、担当してくれたプランナー様に「長年やっていますが、今まで見たことない」と言われ、その週にやっていたアジア最大級のアートイベントである「デザインフェスタ」に友達の手伝いに行った時、この技法の作品を誰もやっていなかったため、自分で作品を手掛けようと動き始めました。

「祝福の花」

ーーどうやって作っているの?制作工程を教えて。

風船の中にU字に曲げた針金を通し、根元で一緒に捻りこみ、保護用にフローラテープで捻った箇所を巻き、パーツを作ります。それを何枚か重ねて花にしたり、幻獣の身体等を制作しています。