昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/07

「この車はツートンカラーになっていますが、実車を見ずに見切り線を決めるのが大変でした。写真などの資料を参考にしながら、『ここはあと数ミリさげようかな』と調整していく形です」(同前)

塗り分けに苦労したというツートンカラーの境界線

 しばしば途方もない作業量が要求される鈑金塗装だが、作業担当者は「自分の手を汚して、直接車に触れるのが好きなので」と屈託なく答えた。

全バラシされたエンジン

 最後に案内された作業場には、先のMR2のエンジンが分解された状態で並べられていた。

分解された後のエンジンブロック

「この車両はおそらく、最後のオーナーが部品を売ってから手放したようで、インジェクターとかエキマニとか、足りていない部品がかなりあるんですね。分解して不足した部品のリストは揃っている状態で、これからどうやって手に入れるか、というところです」(前出・トヨタ担当者)

 自走できる車であれば、実際の走行チェックで問題を把握しやすいが、自走不可の状態では現状把握のためにまず分解調査が必要になる。一つひとつの部品を確認しながら、溜まった煤などを落とし、摩耗や傷の状態を細かに見ていく。

エンジンのピストン。一つひとつの部品が走行に決定的な影響を及ぼす

「バラしてみてダメなものはすぐ替えればいいかというと、そうもいきません。この車のように部品がなかなか市場に出にくい車種ではとくに、『バラしたけど部品がない』という可能性もありますので、調達方法やコストの面での見極めも重要になります」

 部品を一から作るにしても、製造コストが膨れ上がれば貸し出し価格にも影響が出てしまう。メーカーだからといって、生産を終えた車両の部品を自由に手に入れられるわけではなく、部品調達という課題は残るわけである。

バラされたエンジンの各パーツが整然と並べられていた

 トヨタ自動車の電動パワトレ開発統括部によるレストアは、とくにエンジン周りにおいて「メーカーならではの強み」が活かされ、レンタル車種は往年の出力を取り戻している。一方で、鈑金塗装など若いチームにとってのチャレンジとなる部分も大きく、そのぶん吸収力やエネルギーが武器となる場面もあったと言えそうだ。セリカやスープラの走りとともに、MR2の登場にも期待したい。(#3に続く)

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(47枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z