昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載ネット秘宝を探せ!

「自家用機でブルガリアへ行こう」と初対面の御曹司(28)から誘われて…出会い系アプリの「恋愛詐欺」驚きの手口

2022/03/23
 

 唖然呆然、口あんぐり……。今年2月に配信されたネットフリックスのドキュメンタリー『Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む』が世界中で話題を呼んでいる。題名を見れば出会い系アプリの詐欺事件を描いた実話だと分かる。しかし、その手口や規模が想像をはるかに超えているのだ。

 今や出会いの手段として広く浸透したマッチングアプリ。中でも世界最大級の「Tinder」のダウンロード数は全世界で3億回を優に超える。

「誰だってバーやスーパーで恋人と出会いたい。でも最近はマッチングアプリが効率的」

 2018年、英国ロンドンに暮らすITコンサルタントのセシリー(当時29歳)は、アプリ画面に映されたサイモン(28歳)という男性に目が留まる。早速、彼のインスタグラムをチェックすると高級ブランドに身を包み、ビジネス会議にビーチ、パーティーとキラキラした日常を送る画像が目に飛び込んできた。

「会ってみようかしら?」

 待合せは彼が宿泊する超高級ホテル。彼はダイヤモンド会社の御曹司でCEO。幼い娘がいてその母親とは別れたという。そして、会ったばかりで耳を疑う誘いを受ける。

「明日、出張先のブルガリアへ一緒に行こう。自家用機で」

©佐々木健一

 自宅まで彼の運転手にロールス・ロイスで送られ、荷造りして空港へ。機内でも豪華な料理とシャンパン。まるでおとぎ話のような展開だが、セシリーが実際に体験したことだ。詐欺師サイモンは相手の信用を得るための投資をケチらない。とは言え、ブルガリアまで行く必要があるのか? 実はそこにも訳がある。

 おぞましくも緻密な恋愛詐欺の実態を本作は秀逸な構成で見せる。SNS時代は人々のあらゆる体験が映像や音声、文章としてアーカイブに保存されるが、詐欺師の悪事も記録として残る。それら証拠の点と点を結ぶと、この詐欺が欧州全土にわたる規模で展開されていたことが判明するのだ。

INFORMATION

『Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む』
https://www.netflix.com/jp/title/81254340

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー