昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ピーチ航空の「行先不明の旅くじ」で石垣島を引き当て、マングローブで釣りをしたところ…

「旅くじ」での石垣島釣行レポート #1

 2021年8月にピーチ航空から旅行の概念を大きく変える企画「旅くじ」が始まった。

 その内容は名の通り行先をくじで決めるというもの。

 5000円で販売されるくじには「行先」が指定されており、そこへの往復チケットに充てられる6000円分のピーチポイントも含まれる。つまり何処に行くかはくじ任せのスリルある旅行が味わえるのだ。さらに通常購入より1000円分お得でもある。

 私は釣りの県外遠征はターゲットありきで決めるのだが、この予定調和の図れない企画に「釣り」を掛け算することで、新境地が開けるのではないか? そのような化学反応に期待してくじを引くことにした。

行先不明の旅くじを引いてみた 

 関東圏では東京都渋谷区にあるPARCOで販売されていたので千葉から車で向かうことにした。ここで重要なのはくじの特典でもある実質1000円割りは、渋谷までの交通費に消えてしまうことだ。

「お金では代えられない体験を得るためだ、大人ならそんな小さいことを気にするな……」

 自分に何度も言い聞かせた。

 SNSを見ると土日は整理券を配布するほど来客しているとのことだったが、平日は空いていた。売り場にはくじというより、背丈ほどの大きな「ガチャ」が設置されていた。

通路に設置された旅くじ

 一際目立つ存在感、「ガチャガチャの森」に黙って設置されていたら確実にバズりそうなほど圧倒的だった。

 肝心なくじの内容だが、全国47都道府県が入っているわけではなく、関東で購入する場合は「成田空港発」がデフォルトで、行先は「札幌(新千歳)、女満別、釧路、大阪(関西)、長崎、福岡、宮崎、大分、鹿児島、奄美、沖縄(那覇)、石垣」の12カ所になる。

全て海に面した地域となっている

 私は購入するタイミングではフライト日程が2022年の3月末までと期限付きであったことから、釣り場として豪雪の北海道は不安があった(いや、それも旅の醍醐味か?)。

 チケットの購入はPayPayのみ。