文春オンライン
〈写真多数〉“フェラーリ”に“萌えキャラ”をプリント、 カスタムが原因で家族と喧嘩することも…痛車オーナーたちの意外な素顔とは

〈写真多数〉“フェラーリ”に“萌えキャラ”をプリント、 カスタムが原因で家族と喧嘩することも…痛車オーナーたちの意外な素顔とは

2022/04/14
note

「もともとデコトラとかが好きで、自分で色々作っているうちにエスカレートしていった感じですね。シャンデリアなんかも結講簡単なつくりで、カサの部分にタイラップで吊ってます」

自作のシャンデリアが怪しい存在感を放っている

 かなりの費用がかかっていそうだが、基本的に自身で手を入れているため、実際の改造費はそこまでではないという。

「シートカバーだけは業者さんにワンオフで作ってもらったんですけど、それでも8万円くらいですかね。シャンデリアもヤフオクで5000円くらいのを買って加工して。裁縫が苦手なので、クッションやダッシュマットは親に縫ってもらったりしています。基本は材料費だけなので、トータルで15万円いかないくらいですかね」

ADVERTISEMENT

 親御さんのご協力のもと、車を改造していくというのも興味深い。反対はされないのだろうか。

「最初は喧嘩ばっかでしたけど、そのうち何も言われなくなりましたね。むしろ内装よりも、近所迷惑になるっていうのでシャコタンとかマフラーとかの方が言われましたね」

和を意識したという外装

 もともと住まいが「走り屋の聖地」に近いこともあり、最初は走りに関する改造を主としていたようである。そこから内装にも手を入れはじめ、最終的に外装にもプリントを入れることになった。カテゴライズできない「異端車両」だが、「車を好みの形に」という思いを突き詰めていった結果なのだろう。

「オラオラ系痛車」のオーナーはまさかのYouTuber

 次に目に留まったのは、いまや「オラオラ顔」の代名詞となったヴェルファイア。アグレッシブなエアロパーツを纏った大きな車体に、「ツイステッドワンダーランド」の幻想的なイラストが描かれている。

「オラオラ系」の大きな車体に「ツイステ」のイラストが

 オーナーに話を聞くと、「すずむん」という名前でYouTuberをしているらしい。この車も、配信企画を通じて製作したものだという。

「デザインから貼りまで自分でやってみようっていう企画で、1年くらい前にやったんですよね。再生回数も8万回くらいかな? 結講見てもらってます」

 広範囲にラッピングが施されているが、再生回数の伸びもあり、費用をペイできるくらいの収益があったとか。痛車カスタムの新しいモデルといったところだろうか。

荷室には展示用の大型モニターが

 ミニバンのためファミリーカーとしても利用できそうだが、家族の反応はどうなのだろう。

関連記事