昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「怖い話」が読みたい

2022/04/29

 持ち家ではなく借家だったそうだが小ぎれいな作りだったため、“夜中に不気味な声が聞こえそう”とか、“金縛りにあってしまうのでは?”といった雰囲気は一切なく、後年になっても不気味な噂ひとつ聞かなかったという。

「たぶん、そういう察知できるものでもないんだよ、ああいうのって」 

 Tさんが最初に“そいつ”に出会ったのは、彼がまだ記憶もおぼろげな幼稚園児の頃だった。

 その日、Tさんは熱を出して自宅の自室の布団で寝込んでいた。薬を飲んで昼頃から寝てしまっていたこともあり、夜、家族が寝静まる時間になっても寝付けずにいたそうだ。

 机の上の小さなランプがほのかに部屋を照らすなか、熱いなぁ……とTさんが体をモゾモゾさせながら寝返りを打ったとき、ふとそれに気がついたそうだ。

部屋に入ってきた何者かの影

 ドアがある。

 熱に浮かされて頭がぼーっとしているときに見た幻覚なのかもしれない。だが、目の前の壁に、あるはずがないドアがあった。

 夢なのかなこれ……なんか、気持ち悪いなぁ。お母さん呼ぼうかな……。

 そうTさんが考えていたときだった。

 ガチャ。

 その、ありえないドアのノブが回った。

 慌てて視線を薄暗い天井にそらす。「見ちゃダメだ」そう思ったそうだ。

 スススッ……と、音にもならない気配でドアが開いてゆく。辺りは静かで物音ひとつしない。熱と恐怖と緊迫でTさんの意識は朦朧としていた。

 だが、机の上のランプが部屋を照らす灯りのおかげで、部屋に入ってきた何者かの影が目の端に映った気がしたそうだ。

 どれくらい経ったのだろうか。その後動かなくなった気配をそばに感じつつ、気を張り続けていたTさんは、疲れて気がついたら寝てしまっていたという。

 翌朝、ハッと目が覚め壁のほうを見たが、そこにドアはなかった。

「姉ちゃんも見たんだって、ドア」

「なにその話、気味悪いなぁ……。でも、やっぱ熱で見た幻覚なんじゃないの?」

z