昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「怖い話」が読みたい

2022/04/29

 Tさんが汗を垂らしながら夕方ごろに学校から帰ってきたとき、ちょうど入れ違いで母親が夕飯の買い物に出かけようとしていた。

「そんなかからないけど、誰か来たらあれだから家に居てね。お姉ちゃんもまだだから。来たらちゃんと出なさいよ」、そう小言を漏らしつつ母親はバタバタと出かけていく。

 なんでこうも人のことを信用しない物言いになるのかな……、そう小さな不満を漏らしつつ、Tさんはリビングのテーブルに荷物を置き、洗面所で顔を洗った。

 ジジジジジジ、ジジジジジジ。

 蝉の音だけが響く夏の午後、テレビの消えた薄暗い家。

 Tさんは気分転換にアイスでも食べようと冷凍庫を開けて、冷房の効いた部屋のソファでアイスにかじりついた。

トンッ、トンッ、トンッと裸足の足音

 火照った体が冷えていく心地よさを感じているうちに、アイスはすぐなくなった。もう1本食べようかとも思ったが、姉が帰宅してそれに気づいたときが面倒なので、ここは我慢して部屋に戻ろう。……そう思い、荷物を手に2階への階段を上がろうとしたそのときだった。

 階段の上から誰かが降りてきていた。

 え……?

 父も帰ってきていないし、姉ちゃんもさっき母がまだ帰宅していないと言っていた。誰だ? 泥棒? いや、じゃあなんで母は気がつかなかった?

 そう瞬時に自問しているうちに、トンッ、トンッ、トンッと裸足の足音が踊り場のほうに降ってきた。

 瞬時に視線を足元に移して固まっていると、トンッ、トンッ、トンッと足音が駆け足気味になり、あっという間に自分の横を通り過ぎていった。その瞬間――

「こんにちは」

 そこでTさんの意識は途切れた。

(文=TND幽介〈A4studio〉)

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z