昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載日の丸女子バレー 東洋の魔女から眞鍋ジャパンまで

2022/04/23

戦術をまるで理解していない

 09年5月、全日本候補の二十数人が招集され、眞鍋ジャパンがスタートした。

 眞鍋は、全員に質問した。

「君らが考える強い国はどこだ?」

 次々に意見が出される。

「ブラジル」

「アメリカです」

「ロシアも強いです」

「中国にはこのところ勝っていません」

 眞鍋はまた質した。

「ブラジルはなぜ強いんだ」

「アメリカのストロングポイントはどこだ」

 その途端、誰もが押し黙った。

選手とのコミュニケーションの量でも突出していた眞鍋監督 ©JMPA

 眞鍋が答えをうながすと小さな声で語る。

「日本がいつも負けているし……」

「アメリカのフッカーのスパイクは威力があるんです」

「ブラジルはレシーブもいいんです」

 眞鍋が期待した返答は出なかった。

 ライバル国の戦術・戦略を理解していないことに加えて、プレイスタイルや特徴も理解していないことが判明した。眞鍋は偵察してきた各国の戦い方を選手に理解してもらうため、まずは情報の共有化を図らなければならないと感じた。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z